« 地を這う声で | トップページ | 五  合  目 »

か  く  れ  ん  ぼ

パジャマのズボンだけ、欲しいなぁ。

と思っていたら、なのはな生協の商品案内に載っていた。

早速購入する。

素材はダブルガーゼで軽く、肌触りがとてもいい。

ピンク、青、黄の三色セット。

気に入って、順番にはいていたら、青に異変が。

あれ?!

破けてる・・・。

場所は、お尻。

いつのまにか、縫い目に沿って、縦に裂けた無残な状態に。

・・・・・・・。

ショックであった。

お尻が破れるハプニングって、コントやマンガの世界のものと思っていた。

それはたまに、日常でも実際に見聞きすることはあっても、絶対的に他人ごとな気がしていた。

そう思うのには、訳がある。

体操服は、一番大きなサイズを取り寄せていた肥満児時代ですら、太ももがこすれれあって擦り切れることはあっても、お尻が裂けたことなどなかったからだ。

と、とにかく、忘れよう。

そうして、2枚でのローテーションの日々が始まった。

センチメンタル・ブルーの記憶がかすんできた頃、今度は黄色が倒れる。

あ・・・・、またここ・・・。

どうしてっ?!

何でっ?!

私のお尻よ、どうしてそんなに暴れん坊なの?

第二の犠牲者を手に、しばし呆然。

そのとき、心のセイフティスイッチが入った。

素材よ、・・・そ・ざ・い!

成程っ!!

元々、薄いガーゼが重なって出来てるんだもんっ!

自然摩耗だよねっ!

そうして、立ち直った。

よーし、最後のピンクは、出来るだけ大事にしよう、と決意する。

が!

何故か、どこを探してもないのだ。

・・・・・・・・・・・・。

逃げたな。

|

« 地を這う声で | トップページ | 五  合  目 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: か  く  れ  ん  ぼ:

« 地を這う声で | トップページ | 五  合  目 »