« り ふ れ い ん | トップページ | 数 に おもふこと »

愚 ッ ジ ョ ブ!

人の話を聞くのが好きだ。

興味が湧くと我慢できず、あれやこれやとつい質問してしまう。

ある会議に出席した。

そこに、語り出したら、止まらない方も出席していた。

出席者全員が、そのことを承知。

話し出すと、かなり赤裸々なプライベート打ち明け話から、その場にいる人にとってすごく失礼な物言いまでが飛び出し、イライラハラハラさせられる。

そういう訳で、議題からかけ離れた内容になることも、しばしば。

聞いている方も、申し訳ないが飽きてくる。

「そろそろ本題に戻りたいんですけど」など横やりを入れたり、制止しようとする人を、「黙ってなさい!」「うるさい!」と一喝。

口調とは裏腹に、迫力はあまりないのだが。

しかし各々、大人の自制心で対立を避け、引き下がる。

延々と続く独演会は、終わる気配がが全くない。

配られたレジュメの内容が片付かないまま、どんどん時間が迫ってくる。

ということが、過去何度もあった。

そのうち、打ち合わせをした訳ではないのだが、自然にその方にきっかけを与えないよう話題を選び、サクサク議題をこなしていく傾向に。

その日、問題の方は、かなり危ないオーラをまとっていた。

ご家庭の事情から、今大変だと噂で聞いていたので、「今日は、くる!」と思った。

司会者さんが一通りの現状報告を終え、質疑応答の時間になった。

待ってましたと発言する、例のお方。

今回も、会議とは関係ない方面にまで話が逸れていく。

おや?

ふとした一言に、疑問が浮かぶ。

好奇心を刺激され、黙っていられなくなってしまった。

即座に話の腰を、空手チョップ。

「ということは、その内容に納得したんですか?」

不意を突かれ、「えっ!」と言葉に詰まる相手。

が、次の瞬間答えの洪水が押し寄せる。

ふむ、ふむと頷き、次の質問を繰り出す。

周りの空気が、「益々語らせて、どうする?!」と非難しているのが分かる。

そのうち、私達を放置したまま、粛々と進め始めた。

置いて行かれてるのは分かっていたが、聞きたいことが次々出てくる。

後で誰かに聞けばいいやと、納得するまで質問攻めにしてしまった。

たっぷり話して疲れたのか、それとも気が済んだのか、急にパワーダウンする相手。

そのまま本筋は穏やかにフィニッシュし、時間通りに閉会した。

席に残ってお茶を飲んでいると、別の出席者からポンと肩を叩かれる。

「ナイス!」と親指を立てた拳を付き出される。

「?」

何のことか分からず考え込む。

どうやら、円滑に話し合いを進めるための、作戦だったと思っているようだ。

単なる、好奇心なんですけど。

とは言えず、ジャパニーズスマイル。

日本人で、良かった。

|

« り ふ れ い ん | トップページ | 数 に おもふこと »

コミュニケーション」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愚 ッ ジ ョ ブ!:

« り ふ れ い ん | トップページ | 数 に おもふこと »