« トンビじゃ、持てない | トップページ | 星 降 る 夜 に »

受け継がれゆくもの

ある日家族が、虎の子を持ち出し、こう言った。

「車買う」

えぇ~!!

という訳で、レガシィに乗っている。

乗り換えると皆が、口々に褒めるので、驚いている。

「やっぱり、いいですねぇ。」

「さすがですよね。」

車に詳しくない女性陣も、例外ではない。

「カッコいいっ!どこの車?!」

「いい車に乗ってるわね~。」

同じスバルのフォレスターは、品があって大好きだったが、「大きい」とか「高そう」位しか言われなかったのに、とても不思議だ。

特に5代目の最新モデルは、目つきがきつくなり、ヒールっぽくなった気がするのに相変わらずモテている。

レガシィの商談も大詰め。

車体の色を決める段階のこと。

カタログのちっちゃな見本だと、なかなかイメージ出来ない。

家族と共に「う~~~ん・・・・」と決めかねてしまった。

このままでは結論が出せないと、成田スバルの微笑みの貴公子に問う。

「実物で、見れますか?」

さすが貴公子、少しも慌てず「少々お待ち下さい」とスッと席を立つ。

程なくして戻り、「こちらへ・・・」と導かれる。

「運よく、全てのお色が揃っておりますので。」

ショールームの外に出ると、駐車場へ。

そこには点検や、納車待ちの車が、ズラリ。

おぉ。

じゃ、これにします。

家族が言うと、貴公子が言葉に詰まる。

「あの…。本当にこの色でいいのですか?」

なんと家族が選んだ色は、レガシィの中で最も受けない色で、20台に1台の割合しか出ないらしい。

私は車の色にはこだわらないので、家族の決定に異存はないが、そんなに「特殊」な色とは思わなかったので、意外だった。

ほとんど引きとめる勢いの貴公子。

が、彼は家族の気性を知らないので、逆効果だ。

人と違ったことが大好きなへそ曲がりは、それを聞いて大喜び。

ご機嫌で、書類に判を押し、契約成立となった。

後日私一人で、必要書類を届けに、スバルへ行く。

ややこわばった微笑みを浮かべた貴公子に、「お気持ちは、変わりませんか?」と念を押されてしまった。

私達よりスバルを知る貴公子が、これだけ心配しているので、不安になってくる。

納車の日がやってきた。

契約の時不在だった別の家族が、初めて新車とご対面。

目をキラキラさせて、「いいんじゃないですか・・・?」。

気に入ったようで、良かった~と一安心。

走っていると、なんと、同じカラーのレガシィと度々すれ違うではないか。

生活パターンが重なっていて、同じ1台と何度も会うのかもしれないが、ちょっとホッとした。

この色が、一番いいね。

スバルの看板車だけあって、富里でもたくさんのレガシィが走っている。

うちの子が一番かわいい。

と、同じ心理なのだろうが、毎日気に入った車に乗れるのは、幸せなことだ。

家族を駅に迎えに行く。

自分の前にレガシィがスッと停車すると、惚れ惚れするとまで言う。

ほー、それはそれは。

近々貴公子に報告して、安心させてあげようと思っている。

|

« トンビじゃ、持てない | トップページ | 星 降 る 夜 に »

」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 受け継がれゆくもの:

« トンビじゃ、持てない | トップページ | 星 降 る 夜 に »