« わが ままでも 金 | トップページ | 孤島の中心から愛を叫ぶ »

笑顔をどうぞ

ユニセフ・カードとギフト秋・冬号が届いた。

クリスマスカードや、年賀状の新デザインをチェックする。

来年は、寅年かぁ。と、しみじみする。

身近に寅年生まれがいないので、確かめたことはないのだが、「寅年生まれがいる家に、猫は居つかない」というのは、本当なのだろうか?

と、ぼんやり考える。

そのうち、去年の年賀状準備で、あたふたしたのを思い出す。

ボーッとしている場合ではない。

今年は、早めに準備しなければ。

昨年は、スポンサーの宣伝等がついた無料年賀状の抽選に応募していたので、結果が出るまで何もしないでいた。

見事にハズレ、慌てて郵便局に行くが、目当ての年賀状は既に売り切れており、方々探し回ったっけ。

という訳で、寅年の年賀状は、ユニセフで用意しようと、今品定め中だ。

それに、受け取った人のお楽しみに、切手の方でお年玉くじに参加できるよう、早めに富里郵便局に行かねばと、思っている。

それにしても、ユニセフのカタログは、相変わらず誘惑がいっぱいだ。

文具フェチなので、あちらのセンスのカードやステーショナリーに目を奪われっぱなしになる。

暇があると広げ、お風呂にも持ち込み、欲望対象を絞り込む。

そうしないと、大変な金額になってしまう程、魅力的なものがいっぱいなのだ。

ユニセフ通販の面白いところは、送料の計算方法だ。

普通の通販の多くは、金額と送料は比例しない。

荷物の大きさや地域によって、変わる。

加えて、大体において、金額が大きくなると、送料が無料になったりする。

ところがユニセフは、逆だ。

梱包・配送料が、購入金額が大きくなれば成る程、高くなるのだ。

一番安い区切りが4千円で、配送料は400円。

なので、「4千円内に抑えないと」と、つい考えてしまうのだ。

これって、たくさん買って欲しい側としては、どうなのだろう?といつも思う。

ともあれ、ここでしか手に入らないグッズが満載のカタログは、いつもほのぼのとした気持ちにされてくれる、癒しのカタログだ。

ペーパー製品だけでなく、ファッショングッズや、クリスマス商品も豊富。

クリスマスカードに挟んで一緒に送れる金のクリスマスオーナメントは、毎年利用させてもらい、相手の方に喜ばれている。

カタログはダイジェストだが、HPでは全てのグッズが見れるので、一度覗いてみて欲しい。

寄付込みなので、高めに感じるものもあるかもしれないが、おくられた相手だけでなく、見知らぬ「誰か」をも笑顔に出来るというのは、嬉しいではないか。

|

« わが ままでも 金 | トップページ | 孤島の中心から愛を叫ぶ »

コミュニケーション」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 笑顔をどうぞ:

« わが ままでも 金 | トップページ | 孤島の中心から愛を叫ぶ »