« 携 帯 電 話 | トップページ | 笑顔をどうぞ »

わが ままでも 金

有効期限が近付いたので、新しいクレジットカードが送られてきた。

開封して、驚く。

なんと、ゴールドカードだ。

誰かの間違えて来ちゃった?!

しかし名義は、確かに自分の名前だ。

住所も合っているので、同姓同名の間違いでもないようだ。

なんで?

申し込んでいもいないのに・・・。

ドッキン!

そういえば、どっかのゴールドカード、年会費が一万円って聞いたことがある。

か、返さなきゃ!交換してもらわなきゃ!

と、オロオロする。

私の慌てぶりを面白がっていた家族が、同封されてきた資料を読んでいる。

今までと同じく、年会費は無料と書かれていると教えてくれ、ホッとする。

んで、いったいなぜに、私のカードがゴールドに?

しかしパンフレットには、「一定の条件を満たしたお客さまに」としか書かれていない。

継続年数?

その間一度も、引き落とし不能になったことないし。

あと、思い当たるのは、家族の数十万円の買い物を、カードで立て替えたこと位しか思い当たらない。

とりあえず、無料ならもらっておこう。

そういえば、ゴールドの恩恵って、あるのかな?

国内外の旅行に、大型の保険が無料でつくというが、旅行嫌いの私には、全く有難味がない。

あとは、「お客様サロン」の利用が出来ることとある。

ほー。

無料で、お茶出来るのか。

ということで、早速行ってみた。

入口には、磁気読み取り機があり、係の女性の許可がないと、入れない。

どうぞと勧められて入ると、数組のお客さんが、くつろいでいる。

席に着くと、いくつかのお菓子が盛られた小鉢が置かれる。

飲み物はセルフということで、コーナーに取りに行った。

数種のジュースに、コーヒー、紅茶など。

壁には、先ほど出されたお菓子などの原材料名が、大きく貼り出されてある。

お菓子や飲み物は、プライベートブランドの「試供品」ということらしい。

時間制限は30分で、同行者は本人含めて4名までとある。

・・・・・・・・・。

無料ゆえ文句を言っては申し訳ないが、有難いサービスながら、エグゼクティブな扱いは期待してはいけないのだと、思い知る。

窓の全くない「喫煙室」のような狭い場所。

「今日はもう、あがっていいわよ。」

「そう。じゃ、お先にー」

などの、担当従業員さん達の会話が筒抜けなのが、更に侘しさを加える。

食べきれなかったお菓子を、こっそり鞄にしまいながら、「また来まーす」と思った私に、文句を言う資格などないか。

|

« 携 帯 電 話 | トップページ | 笑顔をどうぞ »

ショッピング」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: わが ままでも 金:

« 携 帯 電 話 | トップページ | 笑顔をどうぞ »