« 好きになってとは言わないけれど | トップページ | すれ違いが伊藤家 »

くうか  くわれるか

日々、深まる秋。

その先の冬に備え、生き物たちは今必死に闘っている。

外出から帰り、鍵を開けようと玄関に立つ。

すると、「待ってました!」と蚊が群がってくる。

しかし少し離れた所からよく見ると、人が来る前から玄関ドアの周囲を飛び回っている。

ん?

更によく見ると、鍵穴を中心に輪を描いている。

鍵穴から微かに漏れ漂ってくる、二酸化炭素に、首ったけ状態のようだ。

ひぇ~!

ああやって、「出待ち」してたのかぁと、感心する。

近づくと、「今、吸っとかなきゃっ!!」という必死さで突進してくるのが、痛々しい。

一応同情はするが、もっと痛い仕返ししちゃう・・・けど。

吸血時に体内に送り込まれる蚊の唾液が、血液の凝固を防ぐとともに、それに対するアレルギー反応で、吸われた側は痒みが起きるという。

蚊に刺されると、痒いから嫌なのだ。

痒くならなければ、ちょっとの血ぐらい、あげてもいいのに、という気もする。

が、長い年月の間にそうならなかったということは、お互いにとって、それ相応の意味があるに違いないと、考え出す。

蚊は伝染病を広げることがあるし、警戒する相手として認識しておかなければならないのかも。

みんなに、「どうぞ~」と吸わせてあげた足が、赤い水玉模様になってるっていうのも、鳥肌ものだしなー。

あ、でも、アレルギー反応が起きないってことは、赤くもならないってことか。

なら、目に見えないちっちゃな穴が開くだけ?

考えてもどうしようもないことを考え出すと、止まらなくなる。

もっと建設的な考え事をすればいいのにと思いつつ、耽ってしまう。

人のパンパンッ!も、一つの種族の増えすぎを抑える、大きな仕組みの一つなのかも。

ということで、夏よりも勇猛果敢になる蚊に対抗するため、秋も蚊取り線香が大活躍だ。

窓を開ける前に点火し、侵入に備える。

菊花線香は、自然の成分ながら効果は、抜群。

煙からすごい勢いで逃げていくし、油断して家の中に入られても、隅でヘロヘロになっているので、簡単にお仕置き出来る。

周りが田んぼだからか、12月でも見かけることがある。

線香はあと一ヶ月分あるので、節約しつつ使って、今シーズンは何とか凌げそうだ。

線香の他にも、我が家には強い味方がいる。

ダニエルこと、アマガエルくんたちだ。

玄関灯近くに陣取って、飛んで火に入る夏の虫をお腹に収め続け、この頃は更にふくよかボディになっている。

暑いと物陰に隠れているが、涼しいと日中でも人目につくところで、堂々としている。

先日、バラの枝にめり込んでいるダニエルくんを見つけ、驚いた。

「ど、どうしちゃったのっ?その色!」

つるりんとした、青リンゴのような通常ボディが、白に近いグレーなのだ。

病気?!

と心配になる。

が、家の外壁にそっくりなのに気付き、「体色変化か~」と、ホッとした。

そうと分かれば、コレクションに加えようっと。

パシャ。

データには、ダニエルくんのラブリ~ショットが、たくさんたまっている。

ポーズも、色も様々で、何度見ても飽きない。

なかでも一番のお気に入りは、玄関チャイムの上で、スライム状にリラックスしている、ジャンボダニエルくんだ。

居眠り中のようで、半開きの寝ぼけ眼が、すんごくかわゆい。

これが夜には、巧妙でシビアなハンターへと豹変するのだから、たまらない。

今夜も、頑張ってね。

|

« 好きになってとは言わないけれど | トップページ | すれ違いが伊藤家 »

生き物」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: くうか  くわれるか:

« 好きになってとは言わないけれど | トップページ | すれ違いが伊藤家 »