« 財布にも 体にも | トップページ | 孫カール君 »

稲川さん

さえ恐れる、心霊スポットに潜入するという番組をやるとのこと。

夏の「怖い話」に飢えていたので、家族全員固唾をのんでテレビの前に並ぶ。

2か所あり、最初の場所に起きる現象と、過去についてまとめたVTRを見せられる。

いよいよ潜入という時、電話が鳴った。

誰も立たないので、仕方なく私が受話器を取る。

自分の知人からで、少し話しこんだ。

電話を切って席に戻ると、なんとほぼ終わっているではないか。

ま、もう一か所あるからいいやと、気を取り直す。

2か所目は中断されなかったものの、見ているうちに今まで感じたことのないイヤな気分になった。

画面の暗闇から、こちらに向かって、何かがゴゥッと流れて来たように感じたのだ。

直後、ひどい肩コリと、頭痛が。

あらら、電波に乗って、来ちゃったかな?

時間も空間も関係なく、波長が合うと憑依(?)が成立するらしいし。

夜になっても、おさまらず。

それならば、これでどうだと、浴槽に清めのためにお塩を入れて、ゆっくり浸かる。

すると、布団に入る頃にはあらかたおさまり、次の日には綺麗さっぱり直っていて、ホッとした。

嬉しいことに、「ごきげんよう」にも、稲川さんがゲストで来ていた。

この番組ではゲストさんは、3日連続で出演する。

稲川さんの第一日目、皆が期待するお話がいよいよ始まった時、玄関のチャイムが鳴る。

いいところだったのに・・・・。

荷物を受け取って、急いで戻るが、核心部分は過ぎてしまったようで話が繋がらない。

2日目、またもや稲川さんのお話のときに限って、電話が鳴った。

鈍い私も、さすがに「おかしい」と思い始める。

稲川さんのお話から、遠ざけられようとしているのではないか?

むむ。

今再放送中の「ほん怖」傑作選。

赤いスカートに、ハイヒール。

下半身だけが学校の廊下を歩く。

一緒に見ていた家族が、引っ越す前の自宅で同じものを見たと言いだす。

そういえば、私も見たな、と思い出した。

家族はスカートの色から靴を履いていたところもはっきり見たらしいが、私はスカートと脚だけが空中をスーと移動したのを覚えているだけだ。

あの頃は、金縛りにも頻繁にあった。

ものすごい圧力で布団に全身が押しつけられた。

体が布団を突き抜けて、畳にめり込まんばかりの勢いで。

うっすら目を開けると、ハンガーに掛けてあった制服が、左右に大きく揺れている。

すごい耳鳴りがゴォーッと回転しながら部屋中に響く。

その頃は両方とも夢とか、勘違いと思い、あまり気にならなかった。

ところが、家族の友人達が泊まりに来た時の話を聞いて、やっぱり「その家」になにか原因があるのではと、思い始める。

数人の友人達と、二間続きの部屋に分かれて布団に入った家族。

翌朝、友人全員が「一睡も出来なかった」と、やつれた表情。

どうして?と尋ねた家族に、友人たちはおびえた様子で口を揃える。

誰かがずっと、歩き回っていた。と。

何度も自分達の上を、またいでいったという。

最初、家族がトイレにでも行ったのかと思ったらしい。

ところが見ると、窓際の布団に寝ている。

一人家族だけが、熟睡して、何も気づかなかったらしい。

友人達は、朝食もそこそこに、逃げるように帰って行ったという。

ほー。それは初耳ですな。

踏まれなくて、よかったよね。と、感じたことを素直に口に出す。

そういうことじゃ、ないでしょ。

と、一緒に聞いていた母に、たしなめられる。

それが引き金になって、「そういえば」と芋づる式にその家で体験した不思議話が、次々出てきた。

その家は、埋立地にあった。

水のあるところは、集まりやすいというし。

そういう事情もあって、実は私も体験してたのかもな。

テレビが物足りないからという訳ではないだろうが、「怖い話」を、思いがけず自給自足してしまった。

|

« 財布にも 体にも | トップページ | 孫カール君 »

オカルト」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 稲川さん:

« 財布にも 体にも | トップページ | 孫カール君 »