« ともにてをとり  | トップページ | ええじゃないか »

座れば 牡丹      が 咲く

公共の場所で、待ち時間にソファに座り、お茶を頂きながら、ボーッとしていた。

ハッ!として、自分の足を見る。

精神的に、かなりリラックスしていたので、ボディの方も、存分に弛緩しているのでは。

膝、全開かも!

しかし、キチンと閉じている。

自分でも、意外だったが、人様にみっともない姿を晒さないでいて、ホッとした。

中学校の卒業式の練習の時のこと。

椅子に座っているときの姿勢を、細かく指示された。

深く腰掛けて、背筋を伸ばせ!

男子はぁー、両足を自然に開き、手は軽くこぶしをつくって、両膝に置くようにぃー!

女子は、両膝を揃えて、両手の指先を伸ばしぃ、軽く重ね合わせて、真ん中に置くんだぞぉー!

はい、はい。

命令に忠実なA型だ。

先生に言われた通り、早速姿勢を直す。

両膝を閉じて、手をそっと膝の上で重ねた。

が!いくらも経たないうちに、足がきつくなってきたのだ。

姿勢を維持しようとすると力が要り、プルプルしてくる。

当時、肥満児だった私。

全身の中でも、特に両太ももに、お肉がたっぷり集中していた。

よって座ると、椅子に押しつけられた脂肪がつぶされて、広がる。

両方の太ももがおしくらまんじゅうをするので、力を抜くと足が自然に開いてしまう。

なので、足を長時間閉じていようとすると、かなりな努力が必要なのだ。

周りの女の子達をみると、皆平然としている。

じゃまなお肉がないから、余裕なのだろう。

一人で、もぞもぞ、プルプルせざるを得ない私は、焦った。

壇上から今にも、「そこ!さっきから何してんだっ!」と叱責が飛んできそうだ。

こうなったらと、制服のスカートをグッと掴んで左右に引っ張り、プリーツを伸ばした。

そのまま両方の太ももの下に、スカートの生地を目一杯押し込んだので、ピンと張った状態に。

そうして、両足をスカートで包み込むことによって、閉じた状態をキープしててもらおうと思ったのだ。

しかし、太ももの反発は、ただ事ではなかった。

少しづつ、少しづつ広がってくる。

それをまた押し込んで、の繰り返しだ。

お陰で、練習が終わるころには、スカートはヨレヨレ。

寒い体育館なのに、じっとり汗ばみ、ぐったりと疲れてしまった。

どうしよう。

本番は、もっともっと、長時間。

超マンモス校だったので、同じような場面が、延々と続くのだ。

男の子に生まれれば、よかった・・・・。

中、高と同じような苦労をしたので、自分の足は「自然に開くもの」という感覚が染みついていた。

もちろん、足を組むなど、夢のまた夢。

見栄を張って無理に組もうとして、膝がおかしくなったという哀しい思い出もある。

という訳で、標準といわれる体形になって久しいのだが、ソファの上で、意識しなくても両膝がくっついていたのを見て、「痩せたなぁ」と心の底から実感した。

そういえば、いつも、パンタロンの内ももの生地が擦り切れて、穴が開いちゃってたんだよな。

夏、スカートでいると、こすれ合うももの部分が、赤くただれて痛くって。

よく、ガニ股で歩いてたっけな。

今思うと、それっていわゆる、「股ずれ」だよね。

芋づる式に浮かび上がってくる、太ももに関係する辛い過去。

どんよりと浸っていたら、何度も名前を呼ばれて、我に返る。

「はい」と返事をして、軽やかに立ち上がる。

太ってて、よかったなぁ~。

太っていないことの有難さが、誰よりも分かる気がするからだ。

|

« ともにてをとり  | トップページ | ええじゃないか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 座れば 牡丹      が 咲く:

« ともにてをとり  | トップページ | ええじゃないか »