« 英断  両断  言語道断 | トップページ | ともにてをとり  »

こっちをむいて

死角のお助け、カーブミラー。

毎日、あちこちでお世話になっている。

先日、カーブ君が頼りの、超難関プレイスに差しかかった時のこと。

いつもこちらを向いているカーブ君が、ふんっ!とスネてしまったかのように、そっぽを向いているので、ずっこけてしまった。

民家の塀ぎりぎりに寄せて設置してあるので、端に寄り過た車が引っかけたということは、起こりにくそうだ。

例えあったとしても、グルンと180度引っくり返るとは、考えづらい。

???

とにかく、このままでは危険だ。

カーブ君のボディについている手掛かりから、設置責任者さんに通報して、直してもらわねば。

見ると、「富里町」とある。

彼は、市になる前から、ここに立っているらしい。

その下にある番号を、必死に暗記する。

といっても、たった3桁なのだが。

家に着くまでに語呂合わせにして覚えておき、市役所に電話する。

受付のお姉さんが出た。

あの・・・、カーブミラーの件でお電話したのですが・・・。

間髪をいれず、「はい、担当は建設課になります。」と電話を回してくれた。

さすが、お姉さん。

事情を説明すると、大体の場所を聞かれる。

すぐに、あぁ、あそこね!と合点してもらえ、ホッとした。

差支えなかったらと前置きされ、名前や住所を聞かれたので、答える。

次の日通ったら、きちんと元に戻っていた。

しかも、カーブ君に向かって延びていた周りの木も刈り込んであって、ぐんと見やすくなっている。

おぉ!さすが!

と、感激した。

すぐに、お礼の電話をする。

あいにく担当者さんは不在だったので、伝言をお願いした。

電話を切ってから、そういえばと、気になっていたことを思い出す。

ヒビが入ってるカーブ君や、お子さんが的にしたのか、ボールが当たってへっこんだ跡のあるカーブ君も、いるんだよな・・・・。

汚れちゃって、所々しか見えないカーブ君も。

緊急性は低いものの、直してもらえたら、有難いな~。

が、もうちょっと経ってからにしよう。

「すぐやる課」並みのフットワークの建設課さんを、瑣末なことで引っ張り回しては申し訳ない。

なによりも、あの方々に、カーブミラーのクレーマーと、勘違いされたら、悲しいもの。

|

« 英断  両断  言語道断 | トップページ | ともにてをとり  »

」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こっちをむいて:

« 英断  両断  言語道断 | トップページ | ともにてをとり  »