« 受話器のむこう | トップページ | 土用といえば »

ファンシー ダンス

般若心経を、覚えた。

ただ、意味はついてこないで、最初から最後まで言えるだけだが。

七田眞さんのご本に、般若心経を唱えて、神通力を得るお話が書いてあった。

ほほー。

ひたすら唱えていると、右脳が開いて、記憶力アップかー。

お金もかからないし、簡単だ。

そろそろいい年の大人なのだから、お経の一つも言えないとな。

というのもあって、ならば、やってみましょう。となった。

以降、般若心経の載っているご本を外出するときは持ち歩き、車中での待ち時間を利用して、音読するようにした。

覚えるつもりで読めば、もっと早く覚えられたかもしれないが、ひたすら音読を繰り返すだけだった。

そして、やり始めて1年近くになってやっと、何も見ないで言えるようになったところだ。

それで、何か変わった?

と、聞かれれば、自信を持って言えることはない。

ただ、カンが働くようになったのか・・・・な?と、最近思うことが増えた。

例えば、空気清浄機のフィルター掃除のランプ。

汚れると、赤く点灯する。

あれ、今ランプがついているように見えたけど、錯覚だったのかな?

と思ったら、次の日実際に点灯。

家族の出勤を見送っていた時。

車が動き出すと、「このまま行っても大丈夫なの?」と、訳もなく不安になりながら家に入る。

と、引き返してきた家族が、「忘れ物ーっ!!」と駆け込んできた、ということがあった。

他にも、「そういえば、あの件どうなったかな?」と不意に思い出したことが、電話や郵便で結果を知ることになったりなど。

小さなことだが、日々起きている。

あと、お彼岸にお坊さんがお経をあげてくださっているとき、「今、般若心経だ」と分った時は、嬉しかった。

自分が読んでいるときと、区切り方もイントネーションも違うので、勉強になる。

あと、息継ぎの間の部分を、はしょってしまっているのも、分かってしまう。

お坊さんの荒探しをする訳でないが、「そんなに厳密でなくてもいいのか」と肩の力が抜けた。

やる前はただ独特の響きで「わんわん」という感じで聞こえたが、自分で言えると韻を踏んだリズムが心地いい。

次の目標は、意味を知った上で、読めるようになることだ。

「般若心経」

お勧めだ。

|

« 受話器のむこう | トップページ | 土用といえば »

神秘」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ファンシー ダンス:

« 受話器のむこう | トップページ | 土用といえば »