« これが、「のうだま」   | トップページ | ファンシー ダンス »

受話器のむこう

アルバイトで、テレフォンショッピングの受付をしたことがある。

「日刊アルバイトニュース」で見つけ、面接に行く。

仕事の概要と条件を説明され、了承すると早速採用になった。

初日、緊張しながら職場に入る。

正面には、テレビ。

会議室のテーブルが十数列並び、電話機が等間隔に置かれている。

その数、50台以上。

紹介された、その日出社している人の中では一番のベテランという女性は、優しくてお声の細い、可愛らしいお方だ。

隣に座り、先輩が電話を受ける様子をつぶさに見る。

丁寧な受け応えをしつつ、手元の資料に、電話口の向こうから得た個人情報を、スラスラと書いていく。

郵便番号、住所、電話番号。

特に名前は、正確な漢字を知るために、「彦左衛門の彦」や、「さんずいの河」ですね、などと確認していく。

ひぇ~!難しそう・・・。

電話を切った先輩が、書いたものを見せながら注意するポイントを教えてくれる。

その間にも、ジャンジャン電話が鳴っている。

先頭の電話機から繋がっていき、順次後ろの電話につながって行く。

私が座っているのは、真ん中あたり。

心の準備が出来ないまま、目の前の電話が鳴りだし、飛び上がる。

はい、じゃ、出てみてね。

あっさりと先輩が言う。

自分でも不思議なのだが、普段は相当なダメダメなのだが、極たまに、すごい能力が発揮できるときがある。

この時も、そうだった。

先輩に教わった通り、最初から最後まで淀みなく対応でき、書類の空白が次々埋まっていったのだ。

電話を切ってから、先輩たちのため息と、拍手。

こんなに最初から出来た人は、初めてだと驚かれた。

じゃ、もう一人で大丈夫ね。

早速専用電話をあてがわれ、一人立ちさせられた。

そこは、出入り自由のフランクな職場だった。

都合のいいときに行き、帰る。

年中無休なので、学校が予定よりも早めに終わってしまい、暇だから行くか、という感じで足を運ぶことも許される。

お弁当を持ちこんで、電話の合間にもぐもぐするのもOKだ。

電話を取ったときにキチンと応対すれば、それ以外に何をしてても構わない。

漫画を読んでいても何も言われない、面白いところだった。

私も、宿題をやったり、マーガレットを読んでたり、おしゃべりしたりしていた。

そう、そこは、学生の溜まり場。

が、お客さんにはその様子は、当然見えない。

よって、こちらが大人だと思ってお話されるのが、また楽しかった。

時には、こちらが女性だと、卑猥な言葉を浴びせてくるおじさんもいた。

「お前じゃ話にならん!上司を出せっ!!」と、怒鳴られる時もあった。

そんなときには、近くの男子学生さんに代わってもらう。

「うちの新人が、失礼いたしました。」と、代わりに謝ってくれたこともあった。

その節は、お世話になりました。

こういうことは、めったにあることではない。

「商品が届かない」「故障した」などのクレームで、相手がイライラしているときに、起こりがちなことだ。

ほとんどのお客さんは、好意的で礼儀正しい。

お客さんから、「名はとしひこ、で、にんべんの方のとしです。」と説明された時のこと。

とっさに浮かばず、「少々お待ち下さい。」と受話器を手でふさいで、隣の人に確認した。

「田原俊彦の『とし』って、どう書くっけ?」

これがお客さんに筒抜けで、「そう、としちゃんと同じ字です」と笑われてしまい、バツの悪い思いをした。

支払いが分割だと、決まり文句があった。

「信販会社を通すため、職場にお電話することもありますが、よろしいでしょうか?」

そう言うと、途端にオロオロし出すお客さんがいたり、「じゃ、現金にするわ」と言う人も多かった。

職業を確認すると、鼻高々に答える人、「今、ちょっと・・・」と言葉を濁す人。

様々なご事情が垣間見え、貴重な経験をたくさんさせてもらい、そこで得たものは、社会に出てからも大いに役立つものだった。

今でも思い出す度、感謝している。

この頃は、買う方の立場で、テレビショッピングのCMを見る。

いつも思うのだが、最後にババァ~ンと出てくる「おまけ」は、どうやって選ぶのか。

なぜ、お布団のおまけが、「爪切りセット」なのだろう?

|

« これが、「のうだま」   | トップページ | ファンシー ダンス »

ショッピング」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 受話器のむこう:

« これが、「のうだま」   | トップページ | ファンシー ダンス »