« 魅惑の生産 | トップページ | KY »

お 魚 喰 楽 部

を、なのはな生協の商品案内で、見つけた。

お魚のプロが、旬のとれたてを数種セレクト。

食べやすいように、切り身や柵に加工してパックしてくれてある、お勧めセットのようなものか。

私は、「プロ」というのに、弱い。

なのはな生協の品質管理も、信用している。

ので、その商品案内で取り上げられているお魚のプロも信頼できるし、セットは、きっといいものに違いない。

と、早速注文してみた。

配達してもらって、早速開封する。

3種入っていて、「メジマグロ刺身用柵」九州産。

「かます丸もの1本」鹿児島産。

「金目鯛切り身」三崎産。

じゃ、お刺身からいただこう。

料理法に加え、お魚豆知識も書かれている。

なんと、メジちゃんは、クロマグロの子供とある。

ほー。マグロにも幼名があるのかー。

解凍方法が、丁寧に書かれている。

その通りにしたら、身崩れせず、きれいに切れた。

大根でツマを作って、庭のシソと共に、盛り付ける。

口に運ぶと、赤身とトロの中間の味と食感で、とても美味しかった。

かますと、金目鯛は、一緒に調理して、ご馳走になった。

お勧めの塩焼きにしたかますは、衝撃だった。

今までのかますは、何だったの?!と思う位、味が濃い。

「かますの焼き食い、一升飯」と豆知識にあるが、まさしくそれ!!

ギュッと濃縮した旨味で、ご飯がいくらでも進む。

金目鯛は以前から煮付けで、度々食卓に登場している。

いつもこってりの甘辛煮にしているが、今回は、付属レシピ通りの、上品薄味に煮付けてみる。

お、お、おいし~~!!

ふっくらと柔らかい身と、お魚自体の美味しさが、じっくり味わえる。

今まで、調味料で消してしまって、もったいないことしたな~。

と、反省しきりだ。

豆知識も興味を引く内容だ。

なんと、金目ちゃんは、14年以上も生き、体長50㎝にもなるそうだ。

品質に自信があるからだろう。

塩焼きがお勧めとある。

ペロッと食べた後、鍋の中に、煮汁が結構残ってもったいない。

大根をイチョウに切り、鍋に放り込む。

明日のお弁当のおかずにしよう。

芯まで飴色に煮上がった大根は、鯛の旨味も吸って、料亭の味!

さすが、プロ!

お魚大好きで、よく食べている方だと思ったが、今まで知らなかった本当の美味しさを教えられた気がした。

お魚が、ぐんと身近にもなった。

次回の「喰楽部」にも、絶対参加するぞっ!!

|

« 魅惑の生産 | トップページ | KY »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ショッピング」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お 魚 喰 楽 部:

« 魅惑の生産 | トップページ | KY »