« 天    秤 | トップページ | 英語で日記を書いてみる »

陽気な 脳天気

洗濯機が置いてある脱衣所は、フローリングだが、たまに水洗いする。

デッキブラシで、床の上にたまった水を、浴室に向かってかき出す。

大まかに水がきれたら、乾いたバスタオルを何枚も広げて、残りの水分を吸い取る。

木に湿気が良くないことは、さすがの私にも、分かる。

やりたくて、やっているのではない。

ちょっとしたミスで、洗濯機から溢れるのだ。

我が家の洗濯機は、イタリアからやってきた。

当時、ドラム式の国産機がなかったので、工務店さんが扱ったことのある機種を入れてもらった。

タイミングが良かったのか、購入直前に、価格が10万円程下がった。

嬉しいが、安かろ悪かろでは、困る。

早速販売会社に、電話を掛けた。

ドラム式の使い勝手や、汚れ落ちの具合をあれこれ質問し、唐突に切り出す。

どうして、こんなにお安くなったんですか?

不意を突かれたからか、一瞬口ごもる相手。

思いついたように、「リラが暴落したからです!」と言い切った。

ユーロでないとこが、今思い出すと、時代を感じさせる。

理由はともかく、他に選択肢もないしと、こちらの洗濯機を設置してもらった。

心配した「悪かろ」もなく、思いの外運転音が静かで、毎日大活躍だ。

国産のように、タイマーやきめ細かい配慮には欠けるが、シンプルイズベストの使い心地に、満足している。

メンテナンスもしっかりしており、電話をするといつも、翌日には来てもらえる。

その時に、来て下さった方に、あれこれ質問すると、興味深いことや、取り説にはない使い方などを教えてもらうことがあって、楽しい。

国産メーカーのように、しょっちゅう新製品が登場することもないので、修理を依頼しても、部品の在庫がないというようなこともなさそうで、あと10年以上はお世話になりたいとおもっている。

が、最近、それは無理かも・・・。と思うことが続いた。

お風呂の残り湯を、洗濯に利用し始めてからだ。

給水口に、節水ポンプのホースを突っ込んで、洗濯が始まる水位まで待つ。

ついている訳にはいかないので、キッチンタイマーをセットする。

鳴ったら、ポンプを止め、洗濯機のスイッチを入れる。

これで洗濯が始まり、すすぎの音がし始めたらまたポンプのスイッチを入れに来る。

だけのシンプルさながら、うっかりすることがある。

キッチンタイマーの音を聞き逃し、ポンプのスイッチを止め忘れてしまうのだ。

すると、洗濯機内に、お風呂の残り湯がどんどん溜まる。

途中に、オーバーフロー用の逃げ口がないので、満水になると、給水口からどんどん溢れ出すのだ。

で、気づいたら、脱衣所が水浸し、という訳だ。

初めてこの有様を目にしたときは、パニックになった。

とにかくポンプのスイッチを切り、バシャバシャと水音を立てながら必死に、床の水を減らす。

床の処理が終わってから、ようやく洗濯機の方に気が向く。

とにかく、中の水を抜かなくちゃ!とスイッチを押す。

が、ウンとも、スンとも動かない。

機械部分まで、水が入り込んでしまった可能性もある。

もしかして…壊れちゃった?!

動かなければ、中の水は排水されない。

しかも普段は、洗濯槽に水がたまっているときは、扉は絶対に開かない。

あぁ!絶体絶命!!

と、一瞬思考停止。

とにかく、やれることをやらなくちゃ!と気を取り直し、ダメもとで扉に手を掛けた。

すると、ちょっとの抵抗の後、開かないはずの扉が開いた。

ジャーッと、勢いよく飛び出す、水。

慌てて、閉めた。

せっかく拭いた床が、また水浸しに。

が、これで水が抜けると、心底ほっとした。

下にバケツを置いて、何度かに分けて入り過ぎた水を抜き、スイッチを入れてみた。

動かなかったら、どうしよう。

と心配したが、なんと、何事もなかったかのように、動き出したのだ。

ほーーー。

私のしたことなど、想定内だったのか。

以降、いつものように、働いてくれている。

イタリアにも、私のようなドジな人がいるのかも。

と、安心したのがいけなかったのだろう。

反省したはずなのに、何度か同じことをやっている。

「いい加減にしてよっ!」って、そのうちスネてしまうかもしれないと、ヒヤヒヤしている今日この頃なのだ。

|

« 天    秤 | トップページ | 英語で日記を書いてみる »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 陽気な 脳天気:

« 天    秤 | トップページ | 英語で日記を書いてみる »