« お 魚 喰 楽 部 | トップページ | 天    秤 »

KY

千葉市長選挙の、結果が出た。

仲間が各候補者にお願いした公開質問状に対する回答にも、思いやりにあふれ、真摯な姿勢が現れていた、熊谷俊人氏が当選。

やったね!と、嬉しくなった。

31歳という、全国最年少市長は、早速市長の給与と退職金などの大幅カットの意向を、明言した。

「まず、自ら」という姿勢に共感し、千葉市民ではないが応援したい気持ちになる。

しかしこれは、市井の人々が納得する、当たり前の感覚だ。

が、国を動かしている人たちに、圧倒的に欠けている感覚の一つでもあると思う。

鳩山前総務大臣の更迭を、65%の人が「必要ない」と回答した世論調査の結果が、今朝の読売新聞の一面を飾った。

報道で見る限り、ポッポたんは、庶民感覚をもつ、数少ない政治家の一人だ。

任務を全うしているのを、「死神」呼ばわりれされ、憤慨しているところも、草なぎさんの逮捕騒動の時の切れっぷりも、言葉の選び方はともかく、本音丸出しで好感大だった。

なにより嬉しかったのは、「かんぽの宿」売却問題。

「それはおかしい!」と、断固として譲らなかった。

心から、拍手であった。

裏からあの手この手で引きずられて、国民が納得のいかぬまま、なし崩し的に進められる、変な国策。

今までそれらを、いやというほど見せられてきたので、ポッポたんの駄々っ子振りは、希少な庶民感覚を発揮してくれてて、見てて気持ちよかったのだ。

それを、よりによって、疑惑を晴らさないままの西川氏をそのままにして、ポッポたんを切り捨てるとは・・・。

内閣支持率の急降下は、当然だと思う。

自民党の推す候補者が連敗で、総選挙を前に大いに焦っているはずなのに、まだ気づいていないのだろう。

僕たち、私たち、K・Y軍団!

自民党の足元をすくおうと、やんやの野次攻撃の民主党。

いいところまでいきそうに見えて、後ろから膝カックンで、いつもコケてしまう哀しさ。

中身がないから、逆に足元をすくわれるのだということにも、まだ気づいていない。

あなたも、私も、K・Y党!

このままじゃ選挙の投票までに、書きたい名前がなくて、また困りそうだ。

「いい加減に、目覚めなさい。」

|

« お 魚 喰 楽 部 | トップページ | 天    秤 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KY:

« お 魚 喰 楽 部 | トップページ | 天    秤 »