« 昭和にあった 21世紀 | トップページ | 空白の埋め方 »

平和のゆきさき

鶴を、折り終えた。

なのはな生協で毎年行っている、「ピースアクション」の一環で、今回は千羽鶴250羽を折ることで協力させていただいた。

指示通り、50羽づつ糸でつないで完成。

今年も締め切り前に提出出来て、ほっと一息だ。

ところで、鶴が20羽程余ってしまった。

あれ、数え間違えたかな?

と確認するが、問題ない。

毎年ぴったりということはないので、今年は折り紙を、多めにもらっていたらしい。

今までは家にある折り紙を足して、50羽になるようしていたが、今年はそれはお休みさせてもらうことにする。

その代わり鶴達は、たすけ合い共済さんに送ろうと思う。

各地の生協の組合さんを対象にした共済で、我が家も家族全員と、他にも火災、自動車の共済に、なのはな生協さんを通して加入している。

病気やケガで共済金を請求すると、書類とともに、組合員さんが折った折り鶴や、和紙のお人形などが同封されてきて、心があったかくなる。

今回、雷の被害請求したときにも、赤い折り鶴を送ってくれた。

たまには、お返しせねば。

なのはな生協さん、申し訳ありません。

今回は、余った鶴達を、そうさせていただきます。

折り鶴に糸を通しているとき、北朝鮮の核実験のニュースが飛び込んできて、暗澹とした気持になる。

核は、とても人の手に負えるものではない。

はやく、気づいて。

|

« 昭和にあった 21世紀 | トップページ | 空白の埋め方 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平和のゆきさき:

« 昭和にあった 21世紀 | トップページ | 空白の埋め方 »