« 栗頭先生 | トップページ | ソ、ソ、ソクラテスか~プラトンか~♪ニ、二、ニーチェか、サルトルか~♪  み~んな悩んで、大きくなったぁ♪ »

城     壁

住み始めて十数年。

あちこちに不具合や寿命が来て、業者さんのお世話になる機会が増えた。

工事が入るとなると、あちこちをかたずけなくてはならない。

外回りなら、ゴロゴロと転がしてある植木鉢を隅に寄せたり、張り出した木の枝を切ったり。

中なら、作業しやすいように家具を動かしたり、脚立を用意したり。

大変な思いもするが、きれいになるという利点も、見逃せない。

おぉ!埃がこんなにっ!!

ピンポン玉大の埃が、箪笥の裏からフワリフワリと出てくると、妙に嬉しくなって、嬉々として掃除機をかける。

あっ!こんなところにあったー。

と、行方不明だったお気に入りのプランターが発掘されたりして、得した気分になる。

スッキリした場所に立ち、よろしくお願いしまっす!と、心おきなく業者さん達に入ってもらう。

邪魔をしないように、しかも、「ちょっといいですかぁ?」と声を掛けられてもすぐに駆け付けられるポジションを保ちつつ、自分の仕事をする。

すると、職人さんたちの会話が、聞くつもりがなくても耳に入ってくるときがある。

世間話では、当然ない。

「おい、○○どこだ?」

「あれ?普通ならこの辺にあるのにな」

「あっ!あそこだよ、ほらっ!」

「あーーっ(汗)」

「じゃ、○○○でやるしかないなー」

「なんで、こうしてあったのかなぁ?」

「分かんないけど、他にやりようがないべ」

など、思わず耳がダンボになる会話が飛び込んでくることがある。

その度、うちって、普通じゃないのかな・・・?

と、すごく心細くなる。

しかも、なんかすごく妥協しなければならない方法で工事を進めて、大丈夫なのかという心配も増す。

しかし、さすがはプロ。

工夫に工夫を重ねてやっていただいたお陰で、工事後に不調が出たことは、一度もない。

ありがとうございました!と深々と頭を下げ、「お車でどうぞ」と飲み物などをお渡しする。

車を見送って、ホッと一息つく。

たったこれだけのことなのだが、一人で気を遣いすぎてしまうのだろう。

夜に、ドッと疲れが来る。

来客嫌いなので、普段めったによそ様が入ってこない我が家。

スッキリと、いつになく片付いた部屋にポツンと一人。

大変だけど、お客さんが来てくれると、日々のゴチャゴチャがリセットされるんだな。

私には、必要なことだよね。

・・・・・・

でも、やっぱり人とは、外で会いたい。

|

« 栗頭先生 | トップページ | ソ、ソ、ソクラテスか~プラトンか~♪ニ、二、ニーチェか、サルトルか~♪  み~んな悩んで、大きくなったぁ♪ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コミュニケーション」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 城     壁:

« 栗頭先生 | トップページ | ソ、ソ、ソクラテスか~プラトンか~♪ニ、二、ニーチェか、サルトルか~♪  み~んな悩んで、大きくなったぁ♪ »