« お  宝  鑑  定 | トップページ | みどりのぼでぃ »

大陸に 思い馳せる

二胡のレッスン内容が、難しくなってきた。

よって、家での練習は、必須。

家族のいない時間を見計らって、楽譜とにらめっこの毎日だ。

先生が、「週に2・3回練習するぐらいなら、弦は自分で調整しないで大丈夫です」とおっしゃっていた。

しかし、ゴールデンウィークに突入すると、次のレッスン日まで、一か月程あいてしまう。

その間毎日練習していると、さすがに耳オンチの私にも、音が狂ってきていると分かるまでになった。

習っていた通り、自分で微調整してみる。

ん?

あれ?

いやいや・・・。

もっと、こう・・・。

二本の弦それぞれは、「うん、これでいい!」という高さになるのだが、ドレミファ・・・と音階を奏でていると、弦から弦へ移り変わるときに、どうも違和感が。

なんか、変だな。

と、納得出来ぬまま、次のレッスン日。

いつものように冒頭、先生が一人一人音合わせをしてくれるときがきた。

内弦、外弦を弾いて、狂っていたら微調整してくれる。

松やにを弓にこすりつけ、弾き始める。

すると、自分が聞いていても、「えーっ!?」と驚くほどドの音がすごくズレている。

どうやら、ケースから取り出すときに、動かしてしまったらしい。

自分の所に先生が来てくれるまでに、直す時間はない。

なんか、言われるかな?

ドキドキ。

家で「?」と自信がなかった外弦は、むしろ、「うん、いいですね」と難なくクリアした。

が、「じゃ、内弦」と指示されて弾き始めると、先生の手がサッと調整棒をグリグリと回し出す。

やっぱり相当ズレていたらしく、微調整などとは程遠い回し方だ。

が、特に注意されることなく、ほっとする。

全員の音合わせが済むと、本日のお題が説明される。

前回の復習から入るのだが、レッスンの終わる時間が近づくにつれ、自分の集中力が切れてきているのがわかる。

一人だけ、外れた音を立ててしまうのだ。

今月の初めまでは、花粉症の薬のせいにできた。

が、飲まなくなって数週間過ぎた今では、すっかり体から抜けきっているはずで、そうもいかない。

これから、どんどん難しくなっていく気配に、くじけそうになる。

しかし、決して安くはない初期投資を考えると、今更引き返せない。

よって、私と同じ思いをしている二胡仲間同士、会う度励ましあっている。

そう考えると、この教室の生徒さんの継続率は、高い数字を維持していると思われる。

安くても音は出るが、続けるとなると、このぐらいが好ましいです。

今手元にある、一番安い楽器は、あと2つしかない。

次は、いつ入るか未定です。

後から入ってきた数人と話していて、みな全く同じことを言われて慌てて購入したことが判明する。

確かにどれも全く同じではなく、竿の先の装飾などの違いはあるが、楽器が品切れで待たされた人は皆無だ。

先生は、中国から来た愛妻家で、とても人当たりがいい。

うーむ。

さすが3000年の歴史。

やられたわい。

などと、自分の出来の悪さを棚に上げている場合ではない。

そう自分をムチ打ち、今日も弓をひく。

目指せ、春恵(チュネ)さん!!

|

« お  宝  鑑  定 | トップページ | みどりのぼでぃ »

音楽」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大陸に 思い馳せる:

« お  宝  鑑  定 | トップページ | みどりのぼでぃ »