« 前  夜  祭 | トップページ | 泥 々 の 野 望 »

勢  揃  い

食事を終って、のんびりテレビを見ていた。

と、いきなり頭上で、ゴロゴロ・・・と雷が鳴り出した。

位置が低いようで、すぐ上から聞こえる。

遠雷に気づかず、いきなりだったので、ドキッとした。

とはいえ、窓は全部締めてあるしと、テレビ視聴に戻る。

突然何の前触れもなく、正面の掃き出し窓から、赤い光が飛び込んできて、3mほど先でパッと直径30㎝位の大きさに弾けた。

それと同時に、テレビや照明が、ほんの一瞬消え、またついた。

わー、雷の影響だろうけど、珍しい。

と思っていたら、数秒後に大音響。

ド、ドドド~ン!!

と共に、掃き出し窓が室内側に膨らみながら、ビリビリと振動した。

おぉぉぉ!!

近所だな。

すぐに外を確認しようと窓に近寄る私を、家族が引き止める。

それ程間近での衝撃だった。

程なく防災無線から、「林野火災」の放送が流れた。

が、消防車の音は聞こえず、あまり経たないうちに「鎮火しました」のお知らせが放送され、ホッとする。

その後就寝。

明け方に、割と大きな揺れを感じつつ、また寝てしまう。

起きて気づいた。

地震

火事

ときたら、あとは「おやじ」だな、と。

車中で家族が乗り込むのを待っていると、「コンコン」とガラスを叩く音。

横を見ると、ご近所さんが立っている。

ウィンドウを下げると、「昨夜の雷、凄かったねぇ!」と話しだす。

頷きあってから、「ところで、お宅の電話大丈夫?」と聞かれる。

そのおじ様のお宅の電話やインターネットが、落雷の後、使えなくなってしまったらしい。

なんと!

直撃でなくても、雷の影響を「拾って」、故障することが、ままあるらしい。

そう言えば、落雷による電気系統の故障を、火災保険で保障されるという話を聞いたことがある。

そのことをお伝えして、走り出す。

直撃を受けなくても、確かにすさまじいまでの衝撃が、我が家にも伝わって来た。

すごいなぁ。と、改めて自然の力に感じ入る。

雷を蓄電できたら、結構な節約になるんでないか?

などと、今更ながら考える。

暫くしてから、ハタと気づく。

あっ、「おやじ」・・・・だ。

おじ様、ごめんなさい。

|

« 前  夜  祭 | トップページ | 泥 々 の 野 望 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勢  揃  い:

« 前  夜  祭 | トップページ | 泥 々 の 野 望 »