« おひなは 何処 | トップページ | おおきな のっぽの »

諦めたはずなのに

スバルのキャンペーン、30万円キャッシュバックに応募して、

はずれた

けれど、正直ホッとしていたのだ。

タイミングベルトの交換で10万円。

タイヤを取り替えたのは、ほんの3か月前。

の時点で乗り換えるのはもったいないという気持ちもしていたから。

残念な結果だったが、もうしばらく乗りなさい、と言われたようで、気持ちも固まったのだ。

ある朝、玄関にスバルのロゴが入った純白の封筒が置かれていた。

を見ると、「成田スバルの微笑みの貴公子」さんの名刺が。

えて、便せんにびっしりと手書きのお言葉もあるではないか。

それによると、キャンペーンは残念な結果で申し訳なかったが、応募者対象のキャッシュバックが決定されたので、ご提案させて頂きました。

、ある。

そして、見積書も。

特別仕様車のレガシイが、我が家の場合、今なら200万円を切るという。

ほほー。

しいなー。

でも、先立つものが・・・・。

ここはグッと我慢して、初志を貫かねばならぬ。

でも、見るだけなら無料だ。

早速貴公子に会いに行った。

しい資料と、実車を拝見させていただく。

検討させて下さい」と、カタログなどをもらって帰って、よく見た。

すると、以前から欲しいと思っていた「ドライブレコーダー」があるではないか!

新車は無理だが、今乗っている車につけたいと思って問い合わせた。

電話口の貴公子は、「ナビがついていることが前提なんですよ。」と、申し訳なさそうにおっしゃる。

滅多に遠出しない我が家に、ナビは必要とも思えずつけていなかった。

めずに、「ナビって、いくら位なんですか?」と食い下がる。

どのくらいを求めるかで違いますが、15万円位から上は40万円とかですね。」

!!

カタログのドライブレコーダーは、6万円代。

最低でも、20万の出費だ。

めます・・・・」と敗北宣言をすると、貴公子はおっしゃった。

ドライブレコーダーのことを聞かれたのは、実は、お客様が初めてです。」

なんと

職業ドライバーでもないのに、なぜドライブレコーダー?

というニュアンスを含んだお言葉に、答えなくてはならない雰囲気となり、白状する。

護身のために・・・・。」

一瞬の沈黙で、貴公子がリアクションに困っておられるのが分かった。

左様ですか・・・。」

まずくなって、早々に電話を切る。

ということだろう。

貴公子のお心に、「すっごく自惚れてるお客さん」という印象が刻まれてしまった。

お姫様じゃあるまいし、「さらわれる」とか思っている訳では、もちろんない。

日々運転する中で、「ヒヤリ」とすることが少なくない。

あわや事故になるところだったという場面に遭遇したとき、ドライブレコーダーがあれば、冷静な目撃者になる。

もちろん、自分が当事者になってしまったときこそ、存分に威力を発揮してもらいたい。

先日、前を走っている軽自動車が、信号待ちの時点から、右折のウインカーを出していた。

も対向車も、当然右折するものと思っている。

信号が変わって、車が流れだす。

対向車は右折の合図をして、曲がり始めた。

ところが私の前車は、激しくクラクションを鳴らし、対向車の行く手を遮る。

の対向車も続いて右折しようとしたら、またクラクション。

どうやら直進なのに、右折のウインカーを出していることに気付かないままだったようだ。

うく対向車の2台と接触しそうになって、後ろから見ていて、ヒヤリとした。

もみじマークを付けて、男性が運転なさっていた。

対向車が続けて2台も突っ込んできてムッとしている様子だったが、自分の合図間違いが招いた結果だとは全く気付いていない。

ご高齢でも運転せざるを得ない地域事情故、こういうことが珍しくないのだ。

家族も、ショッピングモールの駐車場から出ようとしていたら、出切らないうちにご高齢の男性が運転する車が入ろうと突っ込んで来て、ぶつかりそうになったと憤慨していた。

そこに、入れる」ことに夢中になって、周りが見えなくなるのだろう。

そんなとき、ドライブレコーダーの映像を、ご本人に確認していただけば、御自身のことを冷静に振り返ってもらえるという利点もある。

お年寄りだけではなく事故は、運転者の年齢に関係なく起こる。

が生活の必需品なので、「もしも」のことを考えないではいられないのだ。

しかし、まだだいぶ高価だが、市販され始めたことが判明しただけでも収穫だ。

こそは!と思うと、楽しみも増えた。

れずに、貴公子からの御伝言をお伝えする。

年度末、車の投げ売りは恒例だが、「レガシィ」は特別だ。

5月にモデルチェンジがあるので、今回特にお安くなるとか。

お近くのスバルに、足を運んでみてはいかがか。

|

« おひなは 何処 | トップページ | おおきな のっぽの »

」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 諦めたはずなのに:

« おひなは 何処 | トップページ | おおきな のっぽの »