« ニコッと | トップページ | 懐    刀 »

乙女達の園

変わらず届く振袖のカタログを眺める日々だ。

いっそのこと、宛名になっている家族に着せてしまおうかとも思うが、お遊びするには高くつきそうだ。

より、私の身が危ない。

振袖のダイレクトメールが届く度、嘲笑っている家族に、スーツの専門店から葉書が。

ピラリと開くと、上戸彩ちゃんがほほ笑んでいる。

ほほー。スーツってやっぱり流行がほとんどないなー。と見入る。

ふと、違和感が湧いてきた。

なんと、レディススーツしか載っていない。

には、来店プレゼントととして、スヌーピーのタオル。

これは、明らかに・・・。

この件で、ある一部では我が家に、年頃の女の子が2人いることになっていると判明する。

現実は全く違い、悲しいことに、むさ苦しい家族構成だ。

女の子が2人もいたら、楽しいだろうなぁと想像して、うっとりする。

あんな服、こんなヘアスタイルさして、着せ替え人形状態になりそうだ。

これが、双子ちゃんなら、なお楽しいだろうなー。

お揃いの色違いで決めてみたり、片方はお嬢様系、もう一方はロックと、わざと全く違うおしゃれさせたりしちゃって・・・など、一人でワクワクし始める。

ピンポーン。

ドアチャイムの音で現実に返る。

ドアから入ってくるのは、もちろん、かわいい女の子などではない。

から覚めた虚しさに、自然と無口になる。

帰宅した本人にスーツの葉書を渡すと、人のことはからかうくせに、いざ当事者となったら、結構なダメージを受けている。

こんな勘違いも、個人情報保護法が施行されたためだろうか。

それにしても、年齢も性別も間違われ、一体どうなっているのか。

とにかく、スーツの次は、振袖のカタログがまた届くと思われる。

しみだ。

|

« ニコッと | トップページ | 懐    刀 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 乙女達の園:

« ニコッと | トップページ | 懐    刀 »