« 敬   礼 | トップページ | 目には見えねど »

ああ  愛  あればこそ

今年最初の日曜日、本年の大河ドラマ「天地人」が始まった。

えてみると、大河ドラマを第一話から見るのは初めてだ。

篤姫」も、何かの記事で「女中顔」などと失礼な見出しを見かけたのがきっかけで、ハマった。

まで一番チャンネルを合わせたのは、竹中直人さん主演の「秀吉」だ。

こちらは、たまたま目にしたとき、沢口靖子さんがあまりに綺麗だったので、見始めたのだ。

よって、主人公の子役さんをじっくり拝見したのは、初体験。

妻夫木君の子供時代、「与六」役の子は、台詞も、叱られてビクつくのも、5歳児らしくてとても自然だ。

大人でも難しいとされる、泣くシーンも、涙の粒が、ポロリポロリといいタイミングでこぼれる。

北村一輝氏の子役さんも、キリリとした美少年で、抑え気味の表現が、板についている。

この2人を見て、「最近の子は、器用だなー。」と思った。

、他の子役さん達は、申し訳ないがやっぱり「子役」のままだった。

さすがに2人は、主役を張るにふさわしい、実力者達だったと見える。

しょっぱな、秀吉さんの口紅ににはずっこけたが、さすが大河。

キャストは豪華で、目が離せない。

なかでも、謙信役の阿部ちゃんのかっこよさには、惚れ惚れする。

姉上役の、高島礼子さんとは、雰囲気も、美度も、共通のものがあり、戦国随一の美姉弟にうっとり。

このまま、2人が主人公でもいいな~と願ってしまう程だ。

まだ、妻夫木君達登場人物の、人となりや歴史が分からぬので、若者モード全開の「あつさ」に、正直違和感や、心配を感じる。

ブームにまでなった前作に負けじと気負う、現実の妻夫木君が見え隠れするようだからだ。

しかし、「篤姫」よりもと意識したら、超えられるものも超えれなくなりそうな気がする。

あおいちゃんとは、違う時代を生きているのだから、戦乱の世に、「愛」を掲げて駆け抜けた誇りを、大切にして欲しい。

ところで、度々そこで語られる、「民のために・・・」というセリフ、今、自分自身の保身で精一杯のおじさん、おばさん達に聞かせてあげたい。

政治って、こういう志でやるものです。

|

« 敬   礼 | トップページ | 目には見えねど »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ああ  愛  あればこそ:

« 敬   礼 | トップページ | 目には見えねど »