« 一    任 | トップページ | 甘  い  夢 »

ガラスの靴とハサミ

幅広、甲高といわれる日本人の足の中でも、かなり特異な部類に入ると思われる。

の数は、多ければ多い程いい。

表現するならば、「扇を開きかけたような」と、言えばよいか。

いや、ドナルド・ダックのような、と言った方が分かりやすいだろう。

かきはついていない。念のため。

がシンデレラだったら、王子様は、かなり楽だと思う。

ディズニーランドの次は、富里に来るだけでよかったからだ。

そんな私でも、なんとか自分の足に合う、市販の靴を見つけて履いている。

日本人に合わせた木型を使用とアピールする、「キサ」シリーズ。

、身近で扱っていないので、残念ながら、ご無沙汰になってしまっている。

いの神は、通販だ。

ベルメゾンの、「べネビス」が嬉しい。

E3は当たり前、4も結構ある。

オブリークなるつま先だと、3で充分なぐらいで、そうすると結構選択肢がある。

本皮を使用した高めなものが多かったが、最近は合皮の親しみやすい値段のものが増え、嬉しい限りだ。

利用者からの意見をよく取り入れてくれ、開発から係わる場合もあるらしい。

も一度、カタログモニターになり、アンケートに回答した。

正規のカタログには、その結果が反映され、支持の多かったものは表示してある。

そこでしか買えないので、どうしても単価が高めになるが、品質の高さを思えば、満足な範囲だ。

、ネットでバーゲンをやっている。

いてみると、なんと、カタログで目を付けていた靴が、40%オフになっている。

予算との折り合いがつかず、諦めていたので、余計に嬉しい。

早速購入する。

到着が、楽しみだ。

なのはな生協で、シャギー用のハサミを買った。

商品案内に何度も掲載されてきたが、千円以上するので、こちらも見送ってきた。

、いつも前全体がうっとうしくなり、我慢が出来ずに美容院に駆け込むパターンを繰り返してきたので、思い切って注文してみた。

これまでも、美容院の代金を浮かすために、多少は悪あがきをしてきた。

ずかしながら、100円ショップで購入した鼻毛切りで、ちまちまカットしていたのだ。

しかし、用途が違うからか、自然なラインになかなかならない。

もう限界と観念して、美容院に行くと、「またやったね」という担当者さんのあきれ顔。

ハサミが配達された。

パッケージの厚紙に、使い方のコツが書いてある。

早速ご指南の通りに実行する。

おぉ。なんか、不自然さがなくて、いい感じだ。

は、ハサミを注文してから、使用するときのために、美容師さんのハサミ使いをよく観察した。

しかし、私を虜にするテクニックの持ち主なので、なんとかカッコを真似るぐらいしかできぬ。

多少その甲斐もあってか、初めてにしては満足の仕上がりだ。

調子に乗って、サイドが伸びてきたら、挑戦してみようと思っている。

美容院には申し訳ないが、これで、行く間隔を、大幅に伸ばせそうだ。

さな投資で、大きな経済効果を生む。

ケチな私には、いい教訓になった。

|

« 一    任 | トップページ | 甘  い  夢 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

美容・コスメ」カテゴリの記事

ショッピング」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガラスの靴とハサミ:

« 一    任 | トップページ | 甘  い  夢 »