« おねむのごほうび | トップページ | し か え し »

後光の向こうから

をすれば、陰。

菩薩様が、降臨された。

季節の話題から、インフルエンザ、そして、近隣のお客さんの様子に話題が及ぶ。

菩薩様は、その柔らかな物腰の中にも強き志を秘め、大きなお薬箱を持って各ご家庭を回っておられる、置き薬屋さんである。

ふといつもと違う鋭い光を瞳にたたえ、春からまた厳しくなる道路交通法改正のお話をされた。

今度は、酒気帯びだけで、免許取り消しになるという。

このところの飲酒運転による事故の悪質化。さもありなん。

それはいいのだが、その波が菩薩様のお客さんにまで及んでいるのだという。

飲食業を営む方達が影響を受け、お店をたたむ事態にまでなっているというのだ。

飲食に来る人自身が自覚を持ってきちんとすれば済むことなのだが、お酒を提供した側も罪に問われるのだから、やっていられないとなるのも無理はない。

びに来る度、「田舎には住みたくない」と言い放つ、憎たらしい親戚がいるのだが、こちらに来た折、「飲み屋さんに、駐車場があるなんて、信じられない!」と、驚いていた。

われてみればそうだ。

こちらでは当たり前なので、ちっとも気にならなかった。

しいが、親戚が正しい。ただし、一面だけ。

み屋さんに行ったからといって、全員が飲むわけではないのも、また事実。

まない私は、友人や、家族と居酒屋さんで飲食すると、帰りはいつも運転手役だ。

郊外で、交通手段が自家用車しかない地域では、駐車場の有無は、職種にかかわらず、ご商売に大きく影響する。

親戚のように、単純に、決めつけないでほしいと思う。

前回お勧めしたカルシウム剤は、まだありますか?」

優しい不意打ちに、内心「きたーーっ!」と焦る。

「あっ、はい・・・」と、つい歯切れが悪くなる。

話題をそらすために、先ほどの話を蒸し返す。

お客さんのお店に、逆にお客さんとして行かれることもあるんですか?」と聞くと、

いえ、私は、そういう場所に行くことはないので。」とさらりとおっしゃる。

ちょっと驚いて、「会社の忘年会などは?」と聞くと、菩薩様のお口から、驚く内容が飛び出した。

社員全員、お酒も煙草も口にしないんですよ。」と、嫣然と微笑んでお答えになる。

?!

でも、お客様に健康になってもらうお仕事なのに、自ら不摂生しては説得力がないからとのことだ。

ーーー。

富山から始まった、ありがたい置き薬のシステム。

自然に、志が立派な方が集まるのだろうか?

の心の内を読んだかのように、菩薩様は続ける。

は、どちらもやっていた人はいたんですが、今では自然に皆止めていますね。」

そうなのかー。すごいなー。と、軽くぶたれた位の衝撃を感じつつ、頭が下がる思いがした。

今回はご利用がありませんね。皆さんお元気で、何よりでした。」

ホッとした表情を浮かべ、お薬箱を片付け始めた菩薩様。

の平ほどの小さなお盆に乗せたカップに、熱いお茶を注いで勧めてくれる。

寒いので、皆さんにあったまってもらおうと思いまして。」

なんと、高価な朝鮮人参茶だ。

から次に親切にしてもらったのに、今回なんにも買わず仕舞い。

ではまた。」にこりと微笑んで去ってゆく後姿に、最敬礼のお辞儀をする。

パタン」とドアが閉まっても、しばらく顔を上げられなかった。

|

« おねむのごほうび | トップページ | し か え し »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 後光の向こうから:

» ◆「酒気帯び」でも一発取り消し/道交法改正案を閣議決定 [てらまち・ねっと]
 昨日の新聞記事、「政府は27日、飲酒運転など悪質運転への行政処分を厳格化することを閣議決定、今年6月1日から施行」とされた。  「酒気帯び運転のうち、過去に違反歴がなくても一発で免許取り消しになる」  酒を飲んで運転する人がいる以上、仕方ないのかな。  ともかく、飲酒運転にまつわる事件、その報道記事は、後をたたない。  私は、車の場合は、必ず、代行運転を頼む。  今は、タクシーよりも安く、車も人も運んでくれる。  繁華街では、駐車場も兼ねて先に預かってくれるところもある。  特に、公職につい... [続きを読む]

受信: 2009年2月 8日 (日) 04時41分

« おねむのごほうび | トップページ | し か え し »