« 趣味の園芸の友 | トップページ | 微笑みの奇行し »

相棒に網タイツ

シーズン初めて雪が降るのを見た。

に混じって、時には雪が優勢になったりしている。

もる気配があるようには見えないが、念のためにと、早めに用足しに出る。

少しでも積もると、あちこちで道路より一段下がった田や畑にダイブする車が出現するからだ。

センチの雪が積もっただけで大混乱なのは、都会だけではない。

東京のお隣ながら、地域によっては自然いっぱいの千葉でも、大騒ぎになる。

見渡してみると、両親を始め、雪国出身者が少なくないのだが、雪に対する備えは、関東出身者同様呑気だ。

故郷では、こんなものではなかった」とう思いが、逆に油断に繋がるのかも知れない。

2階から出入りしていた」とか、「毎日屋根の雪下ろしが日課だった」などの武勇伝を語る位だから、関東の雪など降ったうちに入らないと思うのだろう。

家族が家を出る前に、雪で公共交通機関が止まってくれるならいいのだが、帰宅時間に降られると、迎えに行く立場の者としては、恐怖だ。

危険を冒すよりも、タクシーに乗せてもらえばいいのだが、数千円かかるので、財布を握る手に力が入る。

幾度かの口惜しい思いを経て、数年前、やっとこさタイヤチェーンの装着をマスターした。

まず、ジャッキのある場所と、使用方法を「マイカー点検教室」で教わった。

仕上げは、ズーズーしさが勝負。

以前車検でお世話になった修理工場さんに突然電話し、チェーン持参で教わりに行ったのだ。

その節は、お忙しいところ、大変ご迷惑をおかけし、申し訳ありませんでした。

チェーンの取説には、一部のフックを掛け、車を少し移動させて残りを被せる方法が書かれているが、教えてもらった通り、ジャッキで持ち上げてしまった方が、私には断然楽だ。

ただし、駐車場が少し傾斜しているので、転がり出さないよう細心の注意を払うのが必須だ。

以来、少々雪が降っても、落ち着いていられるようになった。

しかし、車を買い替えてしまったので、チェーンが合わなくなってしまった。

4駆だから少し安心かな?と思っていたら、とんでもないのだと知る。

テレビで、ボルボに乗った人が、同じようなことを考えて、雪道で立ち往生していたのだ。

一緒に見ていた知人が、その人の無知をかなり辛辣に非難している。

自分のことを言われているようで、内心「ズキズキッ」だった。

自分がダイブするぐらいならまだいいが、人様に迷惑やお怪我をさせてはいけない。

出来るだけ早く、相棒に網タイツをプレゼントするつもりだ。

|

« 趣味の園芸の友 | トップページ | 微笑みの奇行し »

旅行・地域」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 相棒に網タイツ:

« 趣味の園芸の友 | トップページ | 微笑みの奇行し »