« 思いたったら | トップページ | 10万のLUCK »

君がいなければ

高熱を出した母から、SOSが。

「体温計を買ってきて」と頼まれる。

までどうしていたんじゃいと思ったが、そういえば、水銀の体温計をはるか昔に見た覚えがある。

子供が成長して、滅多に使わぬものだから、どこかへいってしまったらしい。

の出始めは、体が自然にガタガタと震えるほどだったという。

風邪の初期症状はなく、いきなりの高熱に節々の痛み。

インフルエンザに違いない。と、誰もが思った。

伯母達からも、私からも再三予防注射をするように言われていたにも関わらず、一度も打ったことがないのだから、自業自得とも言える。

しかし、放っておくことも出来ず、薬局で電子体温計を選ぶ。

けるのはいいが、すんごく高い計測結果を見たら、余計に熱が上がるのではとの心配もする。

老眼故、とにかく一番数字が大きいのに決め、訪ねる。

ピピッ

38度しかないではないか。

まずは、一安心した。

風邪にはビタミンCと、近所の苺園の苺も、お見舞いに持っていく。

が帰宅した後、だいぶ楽になったようで、半パックほど食べたらしい。

食欲も戻って来て、ぐったりしていたのがやや元気になってきて、ホッとする。

病人には、安静が大切なはずだが、とにかくチワワ達がやかましい。

の枕元に一匹が陣取り、動こうとしない。

かにしているならまだいいのだが、吠えまくる。

どうやら、彼なりに心配しているらしい。

いいところあるではないかと、ちょっと見直す。

メスの方は、心配ながら、母の側でじっとしておれず、うろうろ。

が見舞に行くと、2匹が私の足の周りを吠えながら走り回り、なかなか進めない。

いつもと違う、なんとかしろと、言っているようだ。

忠犬物語が時折人の涙を誘うが、獣医さんに言わせると、忠誠心というよりも、生存本能のなせる技だと種明かしされる。

らの人助けとは、自分におまんまをくれる存在をなくさぬための、必死さなのだという。

むむ。なるほど。

なら、アルプスの救助犬はどうなのかとの疑問も沸く。

やはり、ご褒美のためなのか。

い主さんに不測の事態が起こり、戻れなくなった後、他の人がくれる餌に口を付けずに衰弱した犬はどうなのかと、いろいろ考えたが、母の犬たちに関して言えば、獣医さんは正しい。

この子たちに、ご飯あげて。

夕方になって少し落ち着き、やっと他に目がいくようになった母が言うと、二匹は、私に向って突進してくる。

から餌の場所や、量を指示される間、待ちきれない様子の犬たちは、私に体当たりして催促する。

おまえ達・・・・。

くむなしい思いで、それぞれの食器に盛る。

瞬く間に平らげ、母の元に戻る2匹。

追加命令を待つような、もの欲しげな視線を母に送る。

動機はともかく、母にとってはかわいい家族だ。

これからも母を慰めてあげて欲しい。

の検査で、母はインフルエンザではないという結果が出た。

しかし、こんな騒ぎはもう御免だ。

回復し次第、無理やりにでも注射に連れて行くつもりだ。

|

« 思いたったら | トップページ | 10万のLUCK »

ペット」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 君がいなければ:

» 老眼治療に関して [老眼治療で新生活]
老眼になってしまった人の対処法として、一般的には老眼鏡を使用したり、老眼用のコンタクトレンズを使用したりという方法が多いのだと思われます。視力矯正を簡単に行うのにはこの方法が一番無難ですからね。しかしメガネやコンタクトにももちろんメリット、デメリットがあります。メガネやコンタクトレンズは、手軽に手に入れられることもあって多くの方が使用しているアイテムですよね。また近年メガネに関してはとてもおしゃれなもの�... [続きを読む]

受信: 2008年12月26日 (金) 15時54分

« 思いたったら | トップページ | 10万のLUCK »