« 感性の法則 | トップページ | 春がくるまえに »

ユニクロの威力

広告などのカラフルさには魅力を感じるが、そのうちの一枚を選び、家に帰って手に取ると、なんか寂しい。

ユニクロのシンプルな服に、そういうイメージを持っており、買い物をしたことがなかった。

しかし、お店の駐車場に入れない車が、道路に溢れているのを度々見たり、イタリア在住の知人が、帰国した折には必ずユニクロでまとめ買いするとまで聞くと、徐々に気になり始めた。

そんなにいいならと、足を運んでみる。

しかし、服のほとんどをネットで購入しているので、実店舗の混雑に慣れておらず、疲れてしまう。

事前にチラシで目星をつけておいてよかった。

そのコーナーを目指し、人ごみを縫う。

やっと到達するが、「ウリ」の一つ、カラーで迷う。

候補を決めてきたが、試着するとイメージと違う。

結局自分で決められず、同行していた家族に選んでもらった。

家族の分も含め、3着のフリースを購入。

これが、昨年初めてした、ユニクロ体験だ。

土日限定価格で、千円ちょっとしかしないフリースの上着が、軽くてあったかくて気に入り、毎日お世話になった。

今年になっても着ている。

毛玉になりにくく、適度な肉厚感が心地よいフリースは、昨年同様大活躍だ。

大変いい買い物をしたのだと、改めて思った。

それにしても、凄いなー。

こんなにいいものを、何でこんなに安く売れるんだろう?

テレビの特集でさんざん取り上げられたユニクロの経営手法は重々承知しているが、ここまで優品安価だと、ご商売になるのか心配になってしまう。

薄利多売であれば、もっとくたびれやすく作らないと、次が売れないではないかと、貧しい発想までする。

我が家のように、何年も着られたら、ユニクロにとってはどうなのか。

しかし、この値段、この品質ならばと、他の素材の服にも手が伸びそうだ。

シンプル故、年代を問わずプレゼントにもよさそうだし。

それにしても、たった一枚の服で、ユニクロへのイメージがぐんと良くなったことは確かだ。

これだけ褒めまくっても、ユニクロの服は「物足りない」という思いが、私にはまだある。

よって、2枚目3枚目に行かずにいるのだ。

尊敬しつつ、遠目で見ていた私に、またまた強力なユニクロ援護射撃が発射される。

で大評判の、ヒートテックだ。

複数の知人、友人が、身を乗り出して温かさを強調するのだ。

ほほー。そんなにいいのか。

ならば、試してみようと、今度はネットショップを訪れる。

り切れ続出と聞いていたが、順次在庫が補充されているので、待てばチャンスはたくさんありそうだ。

が覗いたときは、全色在庫ありだが、サイズによっては売り切れていた状態だった。

ネットで購入する事のメリットは、レビューを読んでから買えるということが一つある。

さすが評判の商品だけあり、たくさんの書き込みがあって、ありがたい。

でも、サイズが小さめなので、1・2サイズ大きめをとのアドバイスが参考になった。

千3百円以上買えば送料無料だ。

それに合わせて、家族全員分選び、申し込む。

プレゼント用の資材も無料なので、お願いした。

いたものを、早速着てみる。

おぉ

あったかい。

の上に、ぬくもり層があるのが実感できる。

くて、湿気を吸収発熱する素材の下着は数枚持っていたが、ヒートテックは表面の滑らかさがあり、下着に見えないところがとてもいい。

プレゼント用のバッグや、パッケージもちゃんと枚数分入っていて、しかも安っぽくない。

またしても、ユニクロにやられた。

こんなにすごいのに、さりげない。

ユニクロ恐るべし。

|

« 感性の法則 | トップページ | 春がくるまえに »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

ショッピング」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユニクロの威力:

« 感性の法則 | トップページ | 春がくるまえに »