« 時も  空も | トップページ | 脱いだらすごいんです »

華を愛でる

フィギアスケート女子が大好きだ。

以前にも増して、選手達の美しさが際立ち、見ていて飽きない。

欧米の選手達の恵まれた体形と、彫りの深い顔立ちに見劣りしていた感のある日本人選手達が、最近は負けていない程皆美しい。

過去の日本人選手達の映像などを見ると、下半身のガッチリした体系ながら、器用さを活かし、テクニックで勝利を勝ち得てきたように感じる。

しかし今は、以前よりも芸術点を相当もらえているに違いない。

に手足が長いだけではない。

日本の代表ともなると、容姿の美しさも条件なのかと思うほどに、美形だ。

はもちろん、皆様特に、表現力に磨きをかけているようで、表情も輝いている。

する乙女の表現なら、中野選手の右に出る方はおられまい。

真央ちゃんは、天真爛漫さが魅力の一つだ。

大人の女性の激しさを演じていても、そのかわいらしさが顔を出す。

大人の色香を演じ切るのは、もう少し先にして欲しいと思う。

ーー。それにしても、目の保養になる~。

先日のNHK杯も素晴らしかった。

なんと、表彰台を日本人選手が独占したのだ。

皇室の方々もご覧になっている中、バッチリ決めてくれた。

前日のショートプログラムでは実力を出し切れなかった選手が多いなか、フリーでは皆、感動で涙が出るほどの素晴らしい滑りでメダルを勝ち取ったのだ。

いやいや・・・・。これはまさに、日本の宝ですな。とため息が出る。

庶民のいやらしさで申し訳ないが、選手達を支えるご家族の経済的なことを考える。

に、お子さんの体調のことから、心配事は山のようにあるに違いない。

才能ある子を産み、育て、開花させたご家族の皆様に、日本中が感謝をしてるに違いないと思う。

ところで、私の一番のご贔屓は、村主選手である。

スケートに向き合う真摯な姿勢。

はかなげな繊細さの中に、強い祈りを込めた意思が織り交ざったスケーティング。

ジャンプの時など、フワリと浮き上がったまましばし降りてこないように見える。

SWAN」でいったら、リリアナだ。

しかし、最近はその良さを出し切れていないように見え、とても残念に思っている。

まだまだ見ていたい妖精だ。頑張って欲しい。

たまに男子をみる。

し訳ないが、あまり心ときめかない。

全体が女子と違って、硬質だ。

も、男子がフワフワクネクネしてたら、逆に気持ち悪いだろうが。

女子に負けじと、男子もなかなかのイケメン揃いだ。

日本の黒バラ高橋選手は、故障でお休みとのことで、会場の黄色い声援が影をひそめていた。

しいことに、今回のNHK杯男子優勝は、日本のサムライ織田選手だった。

なんか、いつも泣きべそのイメージのある織田選手が、昨日は満面の笑みだった。よかったね。

エキシビはあまり見ないが、織田選手、ご先祖のお衣装で滑ることもあるのだろうか。

に裃姿のスケート、見てみたい。

年々難易度が上がり、進化し続ける美の競演、フィギアスケート。

しみがたくさんで、嬉しくなる。

|

« 時も  空も | トップページ | 脱いだらすごいんです »

スポーツ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 華を愛でる:

« 時も  空も | トップページ | 脱いだらすごいんです »