« おいもからマクロ | トップページ | ツンデレの妙味 »

無 賃 乗 車

久々に会った伯父の車が、フォレスターになっていた。

そういえば前回、我が家のフォレスターの周りをぐるりと歩きながら熱心に観察し、「これ、どこのなんて車?」と聞いていたっけ。

ほー。スバリスト誕生か?

知人たちの行動から、ある法則を見つけた。

いつも現地集合の仲間が、その日に限って「迎えにいくよ」と言う。

かあるなと思っていると、迎えにきた車が新車だった。

ー、やはり。

しかし、車が好きであるから、心の底から大喜びで乗せてもらう。

あれやこれや質問して、あちこち目につく端から称賛の嵐を吹かせる。

いいなー、いいなーを連発するので、相手の鼻は、天井を突き抜けて遥か彼方だ。

家族の古い友人と、家族ぐるみのお付き合いをさせてもらっている。

いっても、近所ではないので、会うのは数年ごとだ。

ある日突然電話が鳴る。

久しぶりー。久しぶりに遊ばない?」と明るい声。

場所は、その友人の自宅とのこと。

んでおじゃまする。

なんと、新築だ。

なるほどー。

しかし、新しいお家には、我が家にはない最新設備と、新素材がひしめいている。

しいもの大好きな私は、大興奮で質問攻めに、褒めまくりだ。

友人夫婦の幸せそうな表情に、こちらまで嬉しくなり、たんまり御馳走になってほくほく帰る。

しかし、あるポイントに少々驚かされた。

設備や、電化製品の目立たないところに、手作りの日付シールが貼ってあるのだ。

もしやと思って聞いてみるとやはり、購入もしくは、使い始めを記録しているという。

まめだな~と、ちょっと呆れてもいたが、それには訳があったのだ。

に負けず新しいもの好きな彼は、新商品を買うのが大好きだ。

よって、少しでも早く買い替えるために、使用年数を把握しておきたいのだ。

もう5年使ってるし、そろそろ・・・・」と奥様を説得する材料にするらしい。

の家では、我が家のように「気づいたら10年使ってた」などということは起こりようがないのだ。

それから数年経って、再びその友人から電話が来た。

ぼ~!」

今度は、公園でバーベキューだという。

ち合わせの場所に到着し、新車の前でポージングする彼を見て納得した。

そういう訳か―。

エスティマを気に入っていた奥様は、浮かぬ顔だ。

い替えの理由は、「愛娘の自転車が積めない」からだとのこと。

からそれでは、お嬢さんがお嫁さんに行ってしまったら、何を買って気を紛らわすやら。

冒頭の叔父も、実はいつもと違う行動パターンをとって我が家の前に車で来たのだ。

が見つけた法則は、「男はそれとなく、見せびらかしたがる」だ。

本当の目的を隠して会うのだが、バレバレで、「それとなく」が成立していない。

わいいではないか。

女性の皆様、気持ちよく、のせてもらいましょうぞ。

|

« おいもからマクロ | トップページ | ツンデレの妙味 »

趣味」カテゴリの記事

ショッピング」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無 賃 乗 車:

« おいもからマクロ | トップページ | ツンデレの妙味 »