« 冬のオアシス | トップページ | ベールの向こうから »

ソファのカバーをふかふかのものにしたり、窓に断熱材として売っている、梱包材のプチプチを貼ったり、冬ごもりの支度が進んでいる。

家族からコタツを所望する声が毎年起きるが、掃除が面倒なので、今年も却下しようと思う。

お籠りをするのは、人間だけではない。

窓辺に陣取っていたアマガエルのダニエル達が、とんと姿を見せなくなった。

もう地面に穴を掘って潜ってしまったのだろうか。

そういえば、一度だけ春先に掘り当ててしまい、慌てて土を被せたことがある。

先日テレビで、大変怖いことを聞いてしまった。

ゴキちゃん達のお籠りのことだ。

は暖かな場所に、集団でおとなしくしているというのは分かるが、問題は場所だ。

箪笥の裏や、台所の隅などはお馴染みすぎて驚かないが、レンジの中と聞いて、わが耳を疑った。

レンジの側面を見ると、「高圧なので、絶対に分解しないで下さい」と注意書きが貼ってある。

そんな危ない場所に、しかも、顔の高さにある箱の中に巣があるかもしれないのだ。

でも飲みに行こうっと」など、人とゴキの両者が同時に思い、目の高さで出会ってしまったらと思うと、ゾッとする。

むむ・・・。

が家のレンジの中には、あるのだろうか?

排気パネルの穴から、恐る恐る覗くがやはり何も見えない。

とりあえず、効果抜群のホウ酸団子キャップを、祈るように側に置く。

通販が大好きな私に、もう一つ怖い情報が知らされる。

ダンボールの断面の隙間に、卵が産み付けられて、配送先で生まれる可能性もあるという。

ぇ~。

少し前、沖縄など暖かい地域にしかいなかった巨大なゴキブリが、温暖化の影響で北上していると聞いたことがある。

オゾンホールも、エルニーニョもまだなかった頃、友人が体長9㎝のゴキブリがいると知り、絵に描いてきたのを見せられたことがある。

10㎝近い黒い楕円は、イメージ以上に存在感があり、皆「うぎゃーー!!」と悲鳴をあげた。

考えたくないが、大好きな通販と一緒に運ばれてきたあれの本物と、対面する日が来るかもしれない。

南国の人は大変だな~。と呑気にしていられない時代になったのだ。

とりあえず、ダンボールは早め早めにリサイクルに出し、買い足したホウ酸団子を、しつこく配置する。

スズメバチに巣を作られてしまったり、物置にネズミの巣の痕跡を見つけたり、今年は思いもかけないことに沢山出会った。

先日、広告やクーポンがついている無料の年賀状を申し込んだ。

申し込みが多いと抽選になるとのことなので、今年最後の運だめしになるかもと思っている。

パソコン始め、家電が次々壊れた年でもあった。

一年を振り返るには、ちと早いかもしれぬ。

しかし、年賀状やカレンダーを用意する時期になると、来年何が起こるか、もう楽しみになってしまうのだ。

|

« 冬のオアシス | トップページ | ベールの向こうから »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

生き物」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 冬のオアシス | トップページ | ベールの向こうから »