« だだっこ | トップページ | 宝 物 庫 »

アダムとイブへ

なのはな生協名物、大倉さん(イケメン)のりんごの季節がやって来た。

この時期しか買えない「紅玉」を、箱で買う。

酸味が強く、お菓子や料理に向いている。減農薬なので、皮も使う場合がある。

コンポートやジャムにしたり、アップルパイを作ったりの、楽しい季節の到来だ。

そうだ、ダッチオーブンで焼きリンゴを作ってみようと思い立った。

リンナイ デリシア グリレ 付属のダッチオーブンに金網を敷き、洗って芯をくり抜いたりんご2個を並べる。

をくり抜いた穴に、砂糖を入れ蓋をして蒸し焼きにする。

オーブンモードと、ケーキパンモードがある。

どっちにしようかな?と迷った。

ケーキモードの方は、火の当たり方が優しい。

ごとりんごだから、オーブンモードでやってみよっと。15分加熱、あとは余熱で火を通す。

を開けてみると、2つのりんごは、身ぐるみはがれて素っ裸になっていた。

ほほー。花が開いたように皮がはじけて、底にへばりついている。

しかし、やや危なげに形を保った身は、ちゃんと火が通って、透き通っている。

り出して食べてみる。

、おいしーー!次回は時間を短くするか、ケーキモードでやってみよう。

に残った皮についた身をこそげて食べてみると、金臭い。鉄分たっぷりで、貧血予防にはよさそうだが。

ダッチオーブンで、コンポートを作る案は中止だ。

きりんごは、フライパンや鍋でも作る。

小学校のときに、少女マンガ雑誌のお料理コーナーで見て以来、お手軽なので何度も作ってきた。

ご参考までにご紹介する。

りんごは横に2つに切る。上下とも身の方からスプーンなどで、芯をくり抜く。このとき、底に穴を開けないように注意する。

を下にして鍋やフライパンに並べ、くり抜いた穴に、砂糖をこんもり入れる。

などに、水を深さ1.2センチ程入れ、蓋をして弱火で加熱する。

途中煮汁が少ないようなら、適宜足しながら煮る。

10分かからぬかもしれぬ。時々見て、全体が透き通ったら出来上がり。

正確には、蒸しリンゴですな。でも、焼きりんごのように美味だ。オーブンより短時間に出来るのがうれしい。

をくり抜く時に、貫通してしまうと、お砂糖が煮汁に逃げてしまう。何度かやってしまった。ここだけご注意。

りんごが旬でお手頃価格になると、プチ断食のニンジンジュースが飲みたくなる。

材料は人参2本とりんご1個をジューサーにかけるだけだ。冷えが気になる人は、塩を一つまみ入れる。

富里に沢山ある人参畑も、順次収穫の最盛期を迎えつつあり、新鮮なものが安く手に入る。

しかしケチな私が、それを習慣にできないのは、ジュースのカスがもったいないからだ。

て、寒天で固めてゼリーにしたが、繊維だらけで舌触りが良くないし、食べきれない。

しぼりたてのジュースは、それはもう美味の極致だ。

かなわぬと思いつつ、カスのでないジューサーの出現を待っている。

|

« だだっこ | トップページ | 宝 物 庫 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アダムとイブへ:

« だだっこ | トップページ | 宝 物 庫 »