« せんべいとぬりかべ | トップページ | みちとの遭遇 »

哀 の 狩 人

季節の先取りが、年々早まっている。

真っただ中だというのに、秋ものの通販カタログが届く。

くと、瞬時に閉じたくなる。

だって、見てるだけで暑い。

まだ暑い日が続くのに、夏物が早くもバーゲン価格になる。

それを見込み、秋カタログで欲しいものがあっても、「半額になったら買おう」と閉じてしまう。

しかし、秋物と春物は、夏、冬物のようにはいかないことに最近気づく。

カタログが出たら、当然秋物が値下がりするだろうと踏んでいた。

、ダウンジャケットに混じって、半袖の商品が、少ないながらも載っている。

なんと、夏物のイメージの麻混素材の服さえ掲載されている。

これじゃ安くならないはずだ。

がっかりして、何故かと考える。

そうだ、温暖化だ!と思いつく。

が年々暖かくなり、加えて省エネ暖房も、エコ建築も大分普及してきている。

コートの下は、ノースリーブであることさえ、珍しくない。

えて、レイヤードファッションの流行だ。

薄物を重ね着するのがオシャレというご時世が、春秋物を着る期間を延ばしているのだろう。

テレビで、デパートの服飾担当者さんが、溜息混じりに話していた。

このところワンピースが流行し、一人あたりの販売価格が下がっている。」と。

以前であれば、ジャケットにスカートと、2着購入していたがお客さんが、ワンピだと1着しか買わないという。

ほー。

デパートで上等なワンピを買い、それに流行の薄物を様々に合わせて着る。

安価で、バラエティーに富んだ柄ものなどは、親しみやすいお店で選ぶのかもしれぬ。

一人勝手に世間の消費行動をこじつけ、悦に入る。

ところで、私自身は、重ね着の流行が不思議でたまらぬ。

大抵、大胆な柄物で、ひらひら素材だ。Aラインで、裾に行くほど広がっている。

それでは、せっかくの女性の魅力、細いウエストが隠れてしまうではないか。

に、妊婦さんはマタニティウェアを用意しなくて済んでいるかもしれないが。

に不自然に感じるのは、あったかいだろうなとは思うが、スカートの下にスキニーなどをはくことだ。

も2,3枚重ねて、下も重ねてじゃ、見ていて少々しつこい。

身体の線が隠れてしまう流行に、男性陣も寂しい思いをしているに違いないと思う。

レースやフリルは大歓迎だが、「セクシー」からはどんどん離れていっている。

女性らしさを目指すというより、「おんなのこ」で居続けることを重視しているように感じてしょうがないのだ。

家族から、フェイクファーがたっぷりあしらわれたベストが、お下がりとしてまわって来た。

あったかそうだし、喜んで、早速着てみる。

・・・・・・。

めたくはないが、私が着ると、どう見てもマタギにしか見えぬ。

流行にそっぽを向いているのではなくて、そっぽ向かれているのだと、思い知らされた。

|

« せんべいとぬりかべ | トップページ | みちとの遭遇 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 哀 の 狩 人:

« せんべいとぬりかべ | トップページ | みちとの遭遇 »