« 神頼み | トップページ | お陰アニマルズ »

だます が わるい

世の中には、人をだますことを仕事にしている人がいる。

が高校生の時だった。

両親とも仕事を持っていたので、一人留守番する事が多かった。

化粧品販売の女性がやって来て、母がいないと知ると、私に基礎化粧品を売りつけて行った。

手口は巧妙だった。

お試し」と称して、新品の化粧瓶を開封して、私につけたのだ。

開封してしまって大丈夫なのかと思っていたら、そこを見透かされ、開封した分と、付随する一揃いを置いていった。

支払は、高校生なので、分割にするとして。価格は3万円程だったと思う。

それからは大変だった。

毎週末の数時間のアルバイト代から、月に3千円を払った。通学のバス定期代の一部を、親に払っていたので、手元にはほとんど残らないことになってしまった。

そんな思いもしたのに、ものぐさだった私は、半分ほど使ったところでほったらかしにした。大変もったいなかった。

も世間知らずだったが、両親も頼りない。

思えば、高校生相手に、かなり悪質な売りつけ方をしている。

消費者センターに相談するなり、対処法はあったはずだが、両親は、自分達の懐が痛まないからと、放置していた感がある。

自身も、消火器販売に引っ掛かっている。

自分がしっかりしなければ」と思い始めたのは、この頃からだった。

もう、2度と泣き寝入りはしないぞと、関係する本を読み、自治体が開く消費者講座に通うなどした。

マルチ商法や、催眠商法、デート商法など、悪徳商法の様々な手口を学んだ。

引っかからないために一番有効なのは、とにかく接触を避けることだ。

訪問販売が来たら、ドアを決して開けないことだ。目的を告げない輩もいる。

宅配便、顔見知り以外は、ドアを開けずに対応して、構わないのではないか。インターフォンは、こんな時とても便利だ。

顔見知りを匂わせる相手に、うっかり対応してしまったら、「私は留守番の者で、分らない。決められない。」と言えばいい。

よくある街頭アンケートにも、決して答えてはいけない。

試供品、無料、モニターなども、警戒しなければならないワードだ。その場で契約は、最悪である。

駅前で、「お勤め長いの?」と、いきなりため口の女性に、「いいえ、まだ学生です」と答えたら、驚愕の表情を浮かべて、後ずさっていった。傷ついた。

自分でも大胆な嘘だと分かっている。「お金があると思わせてはいけない」のだということを、言いたいのだ。

電話帳に番号を載せていないのに、セールスの電話が来る。

あれは、下4桁を手当たり次第、順番にかけているそうだ。

例えば、2000~2100までとか。

私の決まり文句は、「どちらにお掛けですか?こちら仕事場なので、ご遠慮頂きたいのですが」である。相手は、すぐに切ってくれる。

職場での話だ。

営業が全員出払っているとき、一人の男性が納品書を持って来て、営業の席を指差し「あちらに頼まれた」と消火器を置いて行った。

受け取りに印鑑を押すと、領収証を手に現金を要求した。

消火器を、車に積む必要がある営業もいたため、私ともう一人も、すっかり騙された。

その後、消費者センターに相談。

指示通り消火器を送り返し、代金を取り戻せた。

その時は、相手が嘘のない名刺を置いて行ったので、連絡がつき運よく解決できた。

おれおれなど、どんどん新しい手口が出てくる。そういう情報に常にアンテナを張ること。しまったというときには、迷わず、消費生活センターなどに相談をすることを強くお勧めする。

の話。

が亡くなったばかりのころ、母は心細いと何度も言い、精神的にとても不安定だった。

いつもなら絶対にしないのに、訪問販売の男性を家に招き入れては、高額な商品を購入してしまっていた。

屋根診断を無料でやる業者との交渉の時は、私も立ち会った。

話しぶりや態度から、もう怪しいと分かっていたが、母の精神的な慰めになるなら、いいかと思って契約した。

200万以上で屋根を補強する工事だった。

亡きあと、一人不安だったのだろう。残された自分が住むところが、母にとって「安心」になれば、お金以上の価値になると、自分に言い聞かせた。

が断って、母の不安を長引かせるのは嫌だった。父の代わりになど、誰もなれない。自分には何もできないと分かっていたのだ。

その大きな買い物の後、母はいつもの母に戻った。

昨日、母の愛しのダーリンを迎えに行った。

、父は1年ぶりに自分の家でくつろいでいることだろう。

帰る度に、何かとしるしを見せるらしい。今年は何をしてくれるか、聞きに行くのが楽しみだ。

|

« 神頼み | トップページ | お陰アニマルズ »

ショッピング」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: だます が わるい:

« 神頼み | トップページ | お陰アニマルズ »