« あんしん ひとつ | トップページ | つるつるを しわしわに »

SM プレイヤー

がつくインドア派だが、適度に体を動かすことは、嫌いではない。

スポーツ部に所属していたこともあるし、昼休みのバレーボールなども、大好きだ。

スポーツをしている人は、なんだか健康的で、スカッとした、正義感の強いイメージだが、最近、どうもそうではない気がしてきた。

富里には、中央公園という、緑豊かな市民の憩いの場がある。遊具も一通りあるが、大きな原っぱと、周囲に木々の茂った木陰もあり、春はお花見、秋はレクに利用されている。

普段は、市役所、保険センター、公民館が隣接した、市の中枢部なので、車の通りも多いが、休日は割と静かである。

そこで、よくゲートボールや、フットサルをやっている集団がある。

すると、公園の前は、駐車禁止なのだが、平気でズラリと停めているのである。

狭い道なので、車一台が通れるスペースしか残らないのに、である。

休日故、数メートル離れた保健センターなどの駐車場が空いているが、その手間を、惜しむのである。体、こういう時こそ、動かそうぜ。

持久走が、嫌いであった。

同じ体を動かすなら、ゲーム的な球技の方が、断然楽しかった。

マラソンの選手の方々は、私からすると、究極のマゾである。

走るのが遅い、素人のひがみも入っているかもしれないが、「薔薇のために」で、芙蓉さんも同じようなことを言っていた。

休日の午後、運転していると、ひどく乱暴な運転をする車を見かける。

乗っている人達を見ると、お揃いのスポーツウェアを着ていることがよくある。

コートや、試合場を出たと言うのに、まだ戦闘モードから抜けられない、おじさん達である。

相手をやり込める気満々で、運転するのは、やめてほしい。

家族が、入院していた時、同じ病院に、Qちゃんが入院してきた。

情報通のおばさんから、Qちゃんが、今、退院すると聞き、私は、家族を病室にほったらかして、見に行った。

退院祝いに送られた、たくさんのお花を抱え、笑顔で通り過ぎるQちゃんは、とても可愛かった。

オリンピックには出場しないが、体調を崩しながらも、最後まで走ることで、多くの人を勇気づけるQちゃん。

自分の為より、人の為にがんばるQちゃんは、尊いMだと思う。

|

« あんしん ひとつ | トップページ | つるつるを しわしわに »

スポーツ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SM プレイヤー:

« あんしん ひとつ | トップページ | つるつるを しわしわに »