« たまらんもの | トップページ | ちがうってば »

やってみた

グリルでピザを焼いてみた。付属のプレートを使用するのだが、上下火のグリルならプレートの代わりに耐熱皿や、金属性のバットなどでできると思う。生地は、イーストを使わず、ベーキングパウダーでふっくらさせるので、思いついたら、すぐに作れる。以下にレシピを。

生地直径20㎝ 2枚分  

 薄力粉、強力粉各100g  ベーキングパウダー、塩、砂糖 各小さじ半分  水100ml

 オリーブオイル 大さじ1

ボールに粉類を合わせ、水とオリーブオイルを入れ、こねる。まとまりにくければ、水を小さじ1づつ、様子を見ながら足す。

耳たぶの柔らかさになるまでこね、ラップをして10分程ねかす。

生地を型(オリーブオイルを薄く塗っておく)の大きさまで伸ばし置き、ピザソース、具を好みで乗せ、グリルで焼く。

この機種(リンナイ DELICIA GRiLLER RS71W5ALRS)だと、下火強、上火弱で7分。オーブンだと、具を乗せた部分が生っぽくなってしまうが、グリルだと、お店のピザ並にパリ、フワで美味この上ない焼き上がり!7分だと、食べ終わる前に次が焼ける。あつあつを次々と口に入れられる幸せをピザとともに味わえた。ソースはケチャップで十分。オレガノを少々振ると、本格派に。家にある残り物を刻んで具にすれば、思わぬ組み合わせの妙に「う、うっま!」と新発見もあることだろう。お勧めだ。生地だが、ちとしつこい。砂糖とオリーブオイルを今度省いてみようと思った。

てんぷらを揚げてみた。てんぷら屋さんの店長さんに、家でうまくあげるコツを聞いたことがある。「家庭用の鍋なら、たっぷりの油に一度に入れる具は、一つか2つまで。」と言われた。それでは、時間がかかってしょうがないので、180℃を超えるよう強火のまま、鍋の油いっぱいに具を入れて揚げていた。結構これでいけていたが、すぐに焦げるので、忙しかった。

コンロの温度調節200℃でやってみた。粉は、小麦粉と、ベーキングパウダーを少し入れれば、ちゃんとはながさく。小麦粉カップ1に対し、小さじ1~2ぐらいか。

温度調節をきちんとやってもらえることが、こんなに楽なんだと、驚いた。焦げない、均一な出来上がり、人間も焦らず慌てず、間にお漬物を作る余裕もあったほどだ。すごいな、べんりだなー!!周りに垂れた衣が、ゴトクにこびりついて「あ~!」と思ったが、さめてから、フキンで拭くとするっと落ちた。トッププレートもしかり。すごいぞ!日本の技術!

ダッチオーブンで焼くケーキが大人気。生地にココアを入れたが、焦げずに激ウマの出来上がり。「毎日焼いておけ」とせがまれる。

日々がますます楽しくなった。ありがとう。

|

« たまらんもの | トップページ | ちがうってば »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やってみた:

« たまらんもの | トップページ | ちがうってば »