« 今ほしいもの | トップページ | まんきたかりとは »

雨について

体育が苦手だった。体育が中止になるよう、心の中で雨乞いをしていたら、いつの間にか雨に好かれるようになった。華麗なる雨族の一員になっていたのである。幸い周りに強力な晴れ族がひしめいているので、ここぞというときには降られることはない。              今日のような雨を、家の中から眺めていると、しっとり幸せな気持ちになる。雨を存分に楽しむ体質になったようだ。 

 この頃植物に水をあげる時、「ひゃっほ~!!」とか「あー、やっときた」など伝わってくるように感じる。100年近く経っている杉林を、久々の雨の日に通ると、全身にシャワーを浴びてうっとりしているような感覚をキャッチする。いつか植物と話ができるといいなと思う。しかし待てよ。そうしたら、苦情ばかり言われそうでちと怖いな。

 この時期雨の夜に、運転しなければならないときは、気が重い。道路全面にアマガエルが歩いているからである。なるたけ避けるべく努力はしても、不可抗力で悲劇が起きる。我が家を毎年守ってくれている、「ダニエルくん」に申し訳ない。                                    ダニエルくんとは、窓の側で昼間はじっとしている、アマガエルのことである。夜になると、活発に動き出し、飛んでくる虫をお腹に収めるのだ。一つの窓に複数のダニエルくんがいることもある。何故ダニエルなのか。瞬間的に、キティちゃんの彼氏が頭に浮かんだからである。                                     

アマガエルの寿命って、どのくらいだろう?冬眠して、春に目覚めて、うちに来てくれるのは、毎年同じ個体なのだろうか?事実はわからないが、たまに昼間出くわすダニエルくんが、まるまる太っていると、訳もなく嬉しい。知らずに手を触れてしまい、おしっこ(?)をひっかけながら逃げ去る後ろ姿さえ愛おしいのである。いつもありがとうね。

|

« 今ほしいもの | トップページ | まんきたかりとは »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨について:

« 今ほしいもの | トップページ | まんきたかりとは »